アオイの1分間ゴルフ上達ブログ
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

iron4

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、
 すくい上げる打ち方は無い」


と言ったのは、メジャーを7勝し
その美しいスイングに評価が高いサム・スニードです。

アイアンの上手い人はダウンブローに打ちます。

ダウンブローとはクラブヘッドが下降している途中で
ボールを打つスイング。

ダウンブローのメリットは

・ダフリやトップになりにくい
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる
・打感が良い

簡単にいうと

「ショットが正確になる」
「飛距離が伸びる」
「ミスショットが減る」

など、、、スコアアップのために
多くのメリットがあります。

ということで今日は
「ダウンブローの打ち方(インパクトで左足体重)」
をシェアします。


■ダウンブローの打ち方(インパクトで左足体重)

ダウンブローに打つには絶対に守るべき条件があります。

「インパクトでの左足体重」もその1つです。


こちらのレポートで詳しくご紹介しています。

レポート「ダウンブローに打つための条件」
(著者:吉本コーチ)


吉本コーチのレポートをご紹介しました。

ダウンブローに打てるとショットが正確になります。
ミスショットが減り、飛距離が伸びます。

参考になれば幸いです!


■イ・ボミ選手もダウンブローに打っている

イ・ボミ選手も「アイアンはダウンブローに打ちたい」
と言っています。

レポートを読んでから
イ・ボミ選手のアイアンショットをご覧ください。

アイアンショットの理解が深まります。

【動画】イ・ボミ選手(アイアンショット)



2分9秒頃に注目して下さい。
イ・ボミ選手のアイアンショットをスローで確認できます。

インパクトの状態が参考になります。

 * * *

アイアンをゆるやかなダウンブローに打てると

・ダフリやトップになりにくい
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる
・打感が良い

などなど良いことばかりです。

参考になれば幸いです!




■追伸

「ボールを上げようとする動き」は
ゴルフをはじめる全ての初心者が
一度はおちいる間違いです。

もしあなたがすくい打ちをしているなら
すくい打ちを直しましょう。

「ゆるやかなダウンブロー」を身につけると
ショットが安定しますよ。




<成功事例>

「150ヤードを8番で打てるようになりました!」

内山さまはアイアンの飛距離不足に悩んでいました。
ダフリも多かったそうです。

ある方法を試してアイアンの飛距離が伸び
150ヤードを8番で打てるようになりました。

その方法はこちら

内山さまが150ヤードを8番アイアンで打てるようになった方法

joseigolf

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば飛距離はでるのか?」

勉強熱心なあなたもご存知のとおり
ゴルフは飛距離が出ると有利です。

飛距離がでるゴルファーは
ダウンスイングからインパクトまで頭の位置が動きません。

「頭が残っている」「ビハインドザボール」
呼ばれています。

頭を残すとドローボールを打ちやすく
飛距離がのびます。

頭が残らないとスライスになりやすく
飛距離をロスしやすいです。

ということで、今日は
「ドライバーの打ち方(頭を残して飛距離をアップする2つの方法)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(頭を残して飛距離をアップする2つの方法)

(1)帽子のつばを右に向けたまま振りぬく

どうすれば「頭が残ったインパクト」ができるのか?

インパクトで顔が上がると
体が起き上がりスイング軸がぶれます。

体の起き上がりを防ぐ方法はいくつかありますが
「帽子のつばの向き」を目印にしても良いです。

ツバを右に向けて振りぬくと
ヘッドアップを防止できます。

軸がブレず飛距離を伸ばしやすいです。

イ・ボミ選手も、松山選手もインパクトで
帽子のつばが右をむいています。


【動画】イ・ボミ選手のスイング(ドライバー)


2分10秒頃に注目して下さい。インパクトの状態を確認できます。


【動画】松山選手のスイング(ドライバー)



1分50秒頃に注目して下さい。インパクトの状態を確認できます。



(2)アゴが真下を向いた状態で頭を残す

「帽子のつばを右に向けたまま振りぬく」
が難しい場合は

「アゴが真下を向いた状態で頭を残す」
を試してみてはいかがでしょうか?

イ・ボミ選手は
「ダウンスイングからインパクトまで
アゴが真下を向いた状態で頭を残す」
を意識しているそうです。


 * * *

ドライバーの打ち方(頭を残して飛距離をアップする2つの方法)を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)帽子のつばを右に向けたまま振りぬく
(2)アゴが真下を向いた状態で頭を残す

ちょっとした意識で飛距離が伸びるケースも多いです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!



■追伸

ボールの行方が気になって
ついついヘッドアップをしてしまうものです。

ゴルフが上手い人もそうなります。

あなたも気づかないうちに
ヘッドアップで飛距離をロスしていませんか?



■追伸2

先日、本を読んでいて「なるほどなー」
と思ったことがあります。

ストレスを軽減するために
次の方法が有効だそうです。

・自然にふれる(森林浴など)
・友人と話をする
・軽い運動をする

ゴルフはこの3つを同時にできます。

私はラウンドをするとスコアに関係なく
心身ともに元気になります。

ゴルフって本当に素晴らしいスポーツですね。
ゴルフに出会えたことに感謝です。




<本日のオススメ>

もしあなたが

「ドライバーショットを安定させながら
 飛距離も伸ばしたい」


と思うなら、、、これはまさに
あなたのためのプログラムです。

飛距離を伸ばすシンプルな方法

driver3

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

『なぜ、女子プロは飛ぶのか?』

と疑問に思ったことはありませんか?

女子プロゴルファーのヘッドスピードは
平均して約40m/s。

実は、一般的な男性アマチュアと殆ど同じです。

しかし女子プロは、男性アマチュアより、
30ヤード遠くに飛ばします。

「なぜ、女子プロは飛ぶのか?」

理由はいくつかあるのですが、
大きな違いは「インパクトの効率」です。

ということで今日は
「インパクト効率を高めて飛距離を伸ばす方法」
をシェアします。


■インパクト効率を高めて飛距離を伸ばす方法

(1)ヘッドが走るアドレスとスイング

「軽く振った方が飛んだ!」という経験はありませんか?

軽く振ったスイングは
ヘッドが走り飛距離がでます。

ヘッドが走るスイングにはいくつかポイントがあります。

・ソフトグリップで手首と肘を柔らかく使う
・腰を左右にスウェイさせない
・体重移動をおさえる

などがポイントです。

ヘッドが走り飛距離が出るドライバーの打ち方を
こちらで詳しく解説しています。


ヘッドが走り飛距離が出るドライバーの打ち方



(2)クラブフェースの「芯」で打つ(ボール位置の調整)

ボールがクラブフェースにあたる位置は
飛距離に大きな影響を与えます。

飛距離が出る人はクラブフェースの芯(に近い場所)で
安定してボールを打ちます。

自分の現状を正確に知ることが、
飛距離アップの第一歩です。

まずは、芯で打てているか、
ショットマーカーでチェックします。

何度かボールを打つと自分の傾向が分かります。

「芯」を外したケースを4つに分類すると、
こうなります。

・ヘッドの上側
・ヘッドの下側
・ヘッドのトゥ側(先)
・ヘッドのヒール側(シャフト側)

スイングを変えずに「ボール位置を調整」も良い方法です。

・ヘッドの上にあたるならティーを低くする。
・ヘッドの下にあたるならティーを高くする。
・ヘッドのトゥ側(先)にあたるならボールに近づく
・ヘッドのヒール側(シャフト側)にあたるならボールから離れる。

少しずつ微調整して飛距離の出やすいボール位置を見つけます。

ボールの位置に絶対の正解はありません。

ボールを気にせず気持よく振りぬく。
そしてクラブヘッドの通り道にボールを置けばokです。

ボール位置の調整についてこちらでもご紹介しています。

ドライバーの「芯」で打ち飛距離を伸ばす方法(ボール位置の調整)


 * * *

インパクト効率を高めて飛距離を伸ばす方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ヘッドが走るアドレスとスイング
(2)クラブヘッドの「芯」で打つ(ボール位置の調整)

ちょっとしたコツで飛距離が伸びるケースは多いです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

応援しています!




<本日の成功事例>

ドライバーの飛距離がでないと悩んでいませんか?

メルマガ読者の市原さんも
「ドライバーの飛距離がでない」と悩んでいました。

ある方法を試したところ、たった1回の練習で
飛距離が20ヤードアップしました。

その方法とは?

1回の練習で飛距離を20ヤード伸ばした方法

↑このページのトップヘ