アオイの1分間ゴルフ上達ブログ
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

メルマガ読者さんから質問メールをいただきました。
「スライス」についてのご相談です。



●読者さんからのご相談


> 長年、スライスに悩んでおりました。
> スライスもタイプが段々変化しており、
> 1.真っ直ぐかやや左に出て、どスライス
> 2.最初から右に出て、そのままスライス
> 3.一時期、引っ掛けやフックが多くなり、ほとんどスライスは出ず
> 4.現在は大体は左にストレートボールが出て、たまに右に出てややスライス軌道
>
> とこんな感じです。
> 自分の中では、フェースコントロールが出来ていないのが一番の理由のような気
> がしています。
> ちなみにアイアンはほとんどストレートボールで、スイング軌道もストレートに
> 近いです。
>
> ドライバーだけがなぜか暴れてしまいます。



●アオイの返信

スライスの件ですが、原因は「インパクト時にフェースが開いている」の可能性が高いです。

また、アイアンが問題ないなら、原因はスイングでない可能性が高いです。
グリップやアドレスなど、スイングを始める前のセットアップを重点的にチェックしてみてください。

・アドレスでのクラブフェースがオープになっていないか?
・グリップがウィーク過ぎないか?
・フォローで右足体重になっていないか?
・ボールの位置が左足の方に寄り過ぎていないか?


グリップやアドレスなど、スイングを始める前のセットアップを重点的にチェックしてみてください。
アイアンが問題ないなら、原因はスイングでない可能性が高いです。

あまり悩まずに、レッスンプロにスイングをチェックしてもらうのが早いですよ。


−−−−− ここまで −−−−−−−


重要なポイントは・・
「あまり悩まずに、レッスンプロにスイングをチェックしてもらうのが早い」という部分です。(笑)

笑っている場合ではないですね。


自己診断でスイングを改造するより、チェックしてもらった方が断然はやいです。
プロゴルファーでさえ、レッスンプロにスイングをチェックしてもらいます。

時間のないアマチュアなら、迷わずプロに診断してもらうことをお勧めします。

こんにちは、アオイです。


ショートゲーム上達の秘訣をメールで無料配信中です。


ショートゲーム上達の秘訣をメールで無料配信中

たくさんの方にお礼のメールをいただきます。

素敵な感想をありがとうございます。
すべてのメールに返信をできていませんが、かならず全部読んでいます。



■ ドライバーの飛距離アップ

「ドライバーの打球が低くて飛ばない」


そんな悩みをお持ちなら、まずチェックするのは、

「スイングではなく、アドレスです。」


次の2つを試してください


・ボールのティーアップを高くする

・ボールの位置を少しだけ左にしてみる



どちらもスイングを変更しないで、ボールの位置だけを変えています。


こんな簡単なことで、
「スイングを変えずに飛距離がアップします」


是非、お試しください。


「まずは、アドレスをチェックする」
ゴルフはアドレスが大切です。



【今回のポイント】
ドライバー飛距離アップのコツ
「ボールの位置、高さを変えてみて、一番気持ちよく飛ばせる位置を探す」

「最近、アイアンの調子が悪い」


そんなときは、上体に力が入ってリズムがくずれがちです。


こんな時こそ、リラックスしてスイングすることが大切です。


アイアンの調子が悪いときのお勧めドリルがあります。



練習場で、試してください。


・ボールをティーアップします

・使用するアイアンは一番得意な番手を選びます

・素振りのようなリズムで、気軽にボールを打つ


このドリルを続けると
「上体の無駄な力が抜けて、リズムとバランスの良いスイングができます」


しばらくティーアップをしてドリルを続けた後に、いつもどおりに、ティーア
ップせずにボールを打ってみてください。


力を入れて飛ばそうとしなくても、ボールが気持よく飛んでいくことを実感で
きます。


気づいた時にはアイアンの不調が治っています。
是非、お試しください。


【今回のポイント】
アイアンの不調を克服するドリル
「ティーアップして、得意番手でボールを打つ」

ドライバーの飛距離をアップするために、大切なことは


「ヘッドを加速させること」


ということで、


ヘッドを加速させるためのドリルをご紹介します。



・グリップは緩めでアドレスをします

・ゆっくりとスイングをして、理想とするするフォローまで振りぬきます

・そのフォローを覚えます

・そこから、ご自分のリズムでゆったりと連続素振りをします。

バックスイング → フォロー バックスイング → フォロー


このとき、「大きなフォローを意識してください。」


徐々にスイングスピードを上げていきます。
バランスを崩さずに気持ちよくスイングしましょう。


練習場でボールを打つ前にこのドリルをお試しください。

フォローが大きくなり、飛距離がアップします。



【今回のポイント】
ドライバーの飛距離アップのコツ
「フォローを大きくする」




■ 編集後記1


安い!

なんと、サスクワッチSUMOが19,800円です。
http://tinyurl.com/6mbt3t


先日、友人がサスクワッチSUMOを購入しました。
とても彼には教えることができません・・



■ 編集後記2


「ドライバーの飛距離をアップしたい」とお悩みのお友達に、このブログをご紹介頂けると嬉しいです。


あなたが今以上にゴルフを楽しめますように。 アオイ

メルマガ読者さんから、こんなご相談を頂きました。


> 自宅の庭でも繰り返し練習しておりますが、練習時
> にはなんでもなくできますが実践では手首が硬くなって自分の手では
> なくなってしまいます。無理して打てばトップかザックリです。



地面(庭)での練習時に調子が良いなら、基本的な動きに問題はなさそうです。

練習は問題ないのに、本番だとうまくいかない・・

お勧めする方法が2つあります。


1つ目は、
「リズムを重視する」

プレッシャーにより、スイングが緩むことを防止します。



2つ目は、
「練習時は、本番をイメージして打つ。本番時は、練習をイメージして打つ。」

これもプレッシャーを克服するための方法です。


ご参考になれば幸いです。アオイ

↑このページのトップヘ