アオイの1分間ゴルフ上達ブログ
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス


現役プロゴルファーが語るゴルフ上達の真実

相互リンクしていただきました。(#^.^#)
ありがとうございます。


現役のプロゴルファーさんなんですよ。

5
「ボールを同じ場所から2回打てたら、ゴルフは簡単だ」


じゃー、打ちましょう。
ただし、イメージのボールを (#^.^#)


素振りの時にイメージの中で、ボールを打ちます。


イメージだからといって適当では意味がありません。
本当にボールを打つのと同じくらい集中して、真剣に行います。


イメージの中でボールは飛んでいきます。
ころがります。
とまります。


ここまで、イメージ素振りをおこないます。
ボールが止まるまでフィニッシュを崩しません。


納得のできたイメージボールが打てるまで素振りをします。
本当に打つときは、イメージの中で行ったスイングを再現するだけです。


イメージ素振りの良いのは、ナイスショットになることだけではありません。
より多くのことがフィードバックされるので、上達がとても早くなります。


練習の時、ラウンドの時に試してください。
パット、アプローチ、フルショット。全てに有効です。(#^.^#)


あなたが今以上にゴルフを楽しめますように。アオイ








無料メルマガで「アドレスの向き」に関してお届けしました。


やっぱりゴルフはアドレスが重要ですね。


もうすぐ、読者様1万人♪
無料メルマガ「1分間ゴルフ上達術」のお申し込みはこちらから
→ http://blog.mag2.com/m/log/0000138114


■「再確認!あなたのアドレスは目標を向いていますか?」


ゴルフは、目標に向かって正確にボールを打つこと大切です。
だから、アドレスの方向が目標に向いていることが大切なんです。



あなた 「そんなの、当たり前だよ」

私   「そうですよね」
    「でもアマチュアの8割の人がアドレスで目標の右を向いているって、
     ご存知ですか?」

あなた 「え?本当? もしかして私も?」



ゴルフは、注意しないでアドレスをすると、右を向いてしまいます。
何故か?
それはアドレスをする時に、肩を目標に向けてしまうから。


プロはアドレスの向きが狂いやすいことを充分に認識していて、練習時からとて
も注意しています。


では、スクエアなアドレスをとる練習方法をご紹介します。


「ボールの後ろに立つ」
「ボールとターゲットを結んだ線(飛球線)をイメージする」
「飛球線の横に足を揃えて立つ」
「左足、右足の順番で、飛球線に対して平行に足を広げる」


これだけです。
飛球線に対して、平行に足を広げるには練習が必要です。


この足を平行に広げる練習は、部屋でもできるメニューなので、天気が悪い日、
時間がない日の練習にもってこいです。


畳の線、床板の線を利用して、飛球線と足が平行になる練習をしましょう。


あなたが今以上にゴルフを楽しめますように。 アオイ


もうすぐ、読者様1万人♪
無料メルマガ「1分間ゴルフ上達術」のお申し込みはこちらから
→ http://blog.mag2.com/m/log/0000138114




今なら、”飛ばしのコツ”無料レポートがダウンロードできます。
→ http://www.secret-golf.com/


■サイト名称: ゴルフ・シングルへの道標

■サイトURL: http://www.average-eyes.com

bigwaveさんのブログと相互リンクしていただきました。(#^.^#)
感謝感謝です。
ゴルフシングルへの道標を、発展途上アベレージの視点でご案内されています。


メルマガも充実の内容ですね。

無料メルマガ「ゴルフトーナメントをみよう!ゴルフ上達のヒント満載」

お申し込みはこちらから−> http://www.mag2.com/m/0000176865.html


あなたが今以上にゴルフを楽しめますように。アオイ

パットが得意になるドリル


■ はじめに◆


パットの重要性

ドライブ イズ ショー。パット イズ マネー。


スコアメイクで大事なのは、なによりもパットです。


パットが苦手で3パットが多い人は、パットを練習することで大きなスコアアップが期待できます。


上達するには練習しかありませんが、練習にもコツがあります。


パットの基本と練習のコツを紹介します。


アマチュアが一番多くパット練習をするのはスタート直前です。
ラウンド前の効果的な練習方法もご紹介します。



■ パットの基本


◆ パッティングラインを読む


パッティングラインを読めれば、カップインの確率はとても高くなります。
グリーンの傾斜がわかれば、ラインは見えてきます。


グリーンあがる前にグリーンの傾斜を見てください。
グリーンに乗ってしまうと傾斜はわかりにくくなります。



◆ まっすぐ打つ


まっすぐ引いて、まっすぐ出す。
練習して、無意識にできるレベルを目指してください。


自転車にのる時にバランスを意識しませんよね?
それくらいの無意識にできるようになれば完璧です。



◆ タッチをあわせる


クラブを使わずに手で転がすイメージで強さを決めてはどうでしょうか?
それとパッティングでもリズムは重要です。
リズム良く打てるとタッチもあいますし、プレッシャーにも強くなります。




■ パットの心構え


◆ グリップの強さは変えない


ストローク中のグリップの強さは変えない方が良いです。
距離感がつかみやすくなります。



◆ 自分ルーティンを作る


ショットにもルーティンがありますよね。
ルーティンとは打つ前の決まった動作のことをいいます。
パットはアドレスの微妙なズレ、リズムの狂いがミスの原因があります。
ルーティンを作ることでパットが安定します。



◆ 自信を持って打つ


パットはメンタルな面が大きく影響します。
普段から沢山の練習をすることで自信を持つことができます。
ラウンドスタート前の練習で、短い距離を連発でカップインするのも効果的です。


◆ 毎回同じ位置にボールを置く


ルーティンにも影響されますが、ボールを位置を一定にすることは大切です。
パットがシンプルになります。


ボールの位置がずれるとストロークが一定でもボールの出る方法が変わってしまいます。




■ ラウンド直前の練習


◆ タッチをつかむ


練習グリーンで10歩、20歩の距離を練習します。
リズム良く打ってその日のタッチをつかみます。


◆ 8ポイントサークル


タッチがあっていればファーストパットが外れても2m以内のパットが残るはずです。


タッチをつかんだ後は2mのパットのいろんなラインを練習します。
傾斜に切られたカップを使います。無ければ自分のティーペグを使うなどして目標を作ります。


カップを中心に8箇所からパットします。フック、スライス、上り、下りとその複合が練習できます。



時間が無ければ4ポイントでも結構です。
2mでは遠すぎると感じたら1mでも結構です。自信をもってラウンドのスタートを切ることが大切です。



もっと時間が無い場合は、上りストレートの、確実に入れたい距離(1m〜2m)を練習しましょう。
これだけでも、充分な効果があります。



■ パッティング まとめ


◆ パットを大切にする


パットはフルショットに比べて地味ですね。
でもスコアには一番大切です。ゴルフ中継で一番時間が長いのはパットですよね。
それは一番大切だからです。



沢山、練習してください。パットは練習した人ほど上達します。
ラウンド時の1時間程人より早めに来て、パット練習をしましょう。



さらに詳しいパッティング上達方法を「速効!パッティング上達術」にてご紹介しています。




 ⇒パッティング上達のヒントが満載♪(ブログランキング)




 ⇒パッティング上達のヒントが満載♪ 無料メルマガ「1分間ゴルフ上達術」

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。


↑このページのトップヘ