アオイの1分間ゴルフ上達ブログ
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス


「集中力とは目の前のゲームに100%没頭するスキルである」
(スティーブ・ウィリアムズ=タイガーウッズのキャディー)



自分の実力を100%発揮するためにはラウンド中の集中力が大切です。



しかし、ゴルフのラウンドは4時間以上かかるのでその間ずっと集中力を保
つことは不可能です。


常に緊張していては頭が疲れてしまい大切な時にプレーに集中できなくなり
ます。



ではどうすれば良いのか?


簡単な方法があります。


「ショットの合間はゴルフ以外のことを考えたり、話題にする」


そして、自分のショットの番が近づいてきたら、徐々に集中力を高めれば、
ショットを打つときに集中力を最大にできます。


これはタイガーウッズのキャディーが、タイガーの集中力を最大限にするた
めに実行している有名な方法です。


次のラウンドで是非お試しください。



【今回のポイント】

ラウンド時の集中力を高める方法
「ショットの合間はゴルフ以外のことを考えたり、話題にする」





「集中力とは目の前のゲームに100%没頭するスキルである」
(スティーブ・ウィリアムズ=タイガーウッズのキャディー)



自分の実力を100%発揮するためにはラウンド中の集中力が大切です。



しかし、ゴルフのラウンドは4時間以上かかるのでその間ずっと集中力を保
つことは不可能です。


常に緊張していては頭が疲れてしまい大切な時にプレーに集中できなくなり
ます。



ではどうすれば良いのか?


簡単な方法があります。


「ショットの合間はゴルフ以外のことを考えたり、話題にする」


そして、自分のショットの番が近づいてきたら、徐々に集中力を高めれば、
ショットを打つときに集中力を最大にできます。


これはタイガーウッズのキャディーが、タイガーの集中力を最大限にするた
めに実行している有名な方法です。


次のラウンドで是非お試しください。



【今回のポイント】

ラウンド時の集中力を高める方法
「ショットの合間はゴルフ以外のことを考えたり、話題にする」



あなたが今以上にゴルフを楽しめますように。 アオイ

前回のメルマガで、「ボールを打たない方がスイング改造がスムーズ」という内容をお届けしました。

それについて、メルマガ読者様からご質問を頂きました。


多くの方が、同じ疑問をお持ちだと思いますので、情報を共有させてください。


−− ご質問 ここから −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

> 「1分間ゴルフ上達術」を購読している●●と申します。
> いつもメールマガジンを作成、配信していただき、ありがとうございます。
>
>
>:(中略)
>
>スイングを変えて上を目指そうとする場合、 ボールを打ってみたくなると思います。
> なぜなら、「よいスイング」のアウトプットが「狙った方向に飛ぶ」だと認識しているからです。
> また、「ボールを打たない練習」=「素振り」だと思いますが、これだと、
> 「自分は正しいスイングをしているのだろうか?」と不安になったり、
> 「今のスイングがもし正しくなかったら、素振りは無駄ではないか?」とも思うのではないでしょうか?
>
> 私自身、現在「スイングに改造中ですが、「本当にこのスイングでいいのか?」と不安を感じ、ボールを打ちながら、模索しております。
>
> それでも、やはり「ボールを打たない練習」がよいのでしょうか?


−− ご質問 ここまで −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




以下が、私の返信です。


− ここから −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ご質問ありがとうございます。



> 本当にこのスイングでいいのか?」と不安を感じ、ボールを打ちながら、模索しております。

正直なご意見ありがとうございます。

実は、この「不安」がアマチュアゴルファーが上達するのを妨げる最大の原因なのです。

プロは練習時にそばにいてくれるコーチがいます。

しかしアマチュアはそんなコーチを雇うことができません。
私や●●様を含め、多くのアマチュアゴルファーの悩みだと思います。



スイングの改造には、次のステップがあります。


1.「自分のスイングが間違っていることに気づいていない状態」 

2.「レッスンやアドバイスで自分のスイングの改善点を明確にする」 

3.「意識しながら正しいスイングをする」 

4.「練習を繰り返すことで、無意識に正しいスイングができるようになる」




スイング改善は長い時間と、明確な意思が必要です。
「このスイング改造は正しいのか?」という不安があると、スイングを直すことはできません。


スイングを直す前に、レッスンプロや、上級者にスイングを見てもらい納得してからスイングを改造してください。


常時そばにいてくれるコーチを雇うのは難しいですが、一人で正しい練習ができるように、定期的にプロや上級者のアドバイスを受けることは、比較的可能と思われます。


「プロや上級者にスイングをみてもらい課題を確認」

「一人で練習」 (★ボールを打たない練習はスイングを直しやすい★)

「しばらくしたら、スイングの変化をプロや上級者に再確認してもらう」


こんなサイクルで練習してはどうでしょうか?

この一人で練習をする時に、ボールを打つと「良い打球を打ちたい」という欲求からスイングを改善できません。

もし、あなたが決心をしてスイングを改造するなら、おそらくは一定期間今よりもスコアが悪くなります。
そこを乗り越えることができれば、新しいレベルに勧むことが期待できます。


この一定期間、スコアが悪くなることを避けて、上達したいのならショートゲームの練習を増やすことをお勧めします。
ショートゲームの練習を増やすことは、スランプを迎えることなく、スコアを伸ばすことができます。


以上、長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。


今後も何卒宜しくお願致します。 蒼(アオイ)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 蒼(アオイ) http://www.secret-golf.com/prof.htm
 ゴルフスイング上達の秘訣  : http://www.secret-golf.com/
 アオイの1分間ゴルフ上達ブログ :http://blog.secret-golf.com/
 メルマガ「1分間ゴルフ上達術」:http://blog.mag2.com/m/log/0000138114
 メール : postmaster@secret-golf.com
――――――――――――――――――――――――――――――――――




− ここまで −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


あなたが今以上にゴルフを楽しめますように。 アオイ

ebookを読まれた方から、うれしいご感想を頂きました。
アプローチ上達

感謝感謝です。

参考になることが多いので、仮名にてご紹介させていただきます。


美由紀さんからのご感想(仮名)
-------------ここから ---------------------------------------------
はじめまして アオイさん今回は大変役に立つ情報をありがとうございました。
私はゴルフを始めて2年弱でスコアは100を行ったり来たりの繰り返しをしております。


今回私がこのアプローチ上達術の購入に踏み切った理由は最大の課題でもあるアプローチを克服出来ればとの思いで購入しました。 


もうあのグリーン周りでの屈辱を味わいたくない!
はずかしく悔しい思いをしたくない!この思いが購入に踏み切らせたのだと思います。


購入後の感想は、買ってよかった。
この一言に尽きます。1ページ1ページ読んでいく度にああそうか! 
なるほどそういうことか!と自分に知識のなさを痛感させられました。


今までの練習といえばドライバー及び6.7.8番アイアンのフルスイングが中心で
アプローチは初めの10球程度でした。


この書面を読みアプローチの大切さを知り今では8割近くアプローチの練習をしています。
着実に手ごたえが着いてきました。
 

次のラウンドが楽しみです。
今回は本当にありがとうございました。
----------- ここまで ------------------------------------------------




「8割近くをアプローチ練習する。」
私もこのご意見に大賛成です。


特に今までフルスイング中心の練習をされている方はアプローチ練習を増やすと、短期間にスコアアップできます。


あなたが今以上にゴルフを楽しめますように。 アオイ




スイングを直しているときは、ボールの行方にあまりこだわる必要はありま
せん。


むしろ、ボールの行方にこだわるとスイングを直すことができません。



打球は「アドレス」、「スイング起動」、「リズム」など多くの影響を受け
ます。


スイングを変えれば、最初は狙った方向に飛ばなくなります。
それは当たり前のことです。



しかし、ボールを打つと狙った方向に飛ばしたくなります。
せっかくスイングの改善が進んでいても、「不安」という要素が、今までの
不満足のスイングに戻してしまいます。



「ほうき」や「バット」でスイング作りを勧めるティーチングプロが多いの
は、ボールを打たないことでボールの行方を気にしなくてすむからです。


ボールを打つことが唯一の練習方法ではないのです。





【今回のポイント】

スイングを改善したいときは
「ボールを打たない方が余計な不安が生まれないので、スムーズにスイング
を変えられる」

↑このページのトップヘ