アオイの1分間ゴルフ上達ブログ
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

5
バンカーショット これだけ守れば一発脱出♪



◆ 「簡単!バンカーショットのコツ」


苦手な人が多い、バンカーショットについてです。


なぜ、バンカーが苦手な人が多いのか?
その原因は。。


・練習の機会が少ない
・バンカーショットは他のショットと打ち方が違う
・ある心理が働く


からです。


あなた   「ある心理?」
蒼(アオイ)「そう、ある心理的な働くことが、バンカーで失敗する最大の理由」 


でも大丈夫。基本をおさえれば簡単ですから♪ (#^.^#)


聞いたことありますよね?
「バンカーの基本は、オープンフェース、オープンスタンス」


では、何故そうするのか、ご存知ですか?




なぜ、オープンフェース、オープンスタンスなのか?

それは。。。


「上手くダフるため」


なんです。


バンカーでは、普通に打っても、ダフりやすい状況で、ボールは通常よりも飛ばない。
だから、見た目よりも大きくスィングする必要があります。


これです。ここがポイント!
「見た目よりも、大きくスィングしなければいけない。」


そうすると、
「ミスショットをすると、大オーバーになってしまう。」
こんな心理が、働くのです。



その結果、スィングが中途半端になり、本当にミスショットになるのです。


では、どうするのか?


それは。。。


・「バンカーショットは大きくスィングしても飛ばない」と信じること
・上手にダフる為のアドレスを作ること


この2つです。



◆ 「上手くダフるための構え方」

ポイントは3つ!


1.「フェースをオープンにする」

それは、なぜか?
フェースオープンにするほど、遠くに飛びません。
だから、強く振ることができ、スィングが安定します。
フェースを開くほど、ボールは高くあがります。




2.「ボール位置は左足の前」

それは、なぜか?
ダフるためです。
ランニングアプローチはクリーンヒットするために、ボールを右におきますよね。
その逆です。
通常のショットと同じあたり



3.「グリップは軽く、クラブを短く持たない」

手首が使えるので、振りぬきが自然にできるようになります。



はい! これで完璧♪



◆ 「上手くダフるための振り方」

ポイントは。。


「大きなヘッドアップをしない」


多少なヘッドアップは問題ありませんが、大きくヘッドアップしてしまうと、
前傾が保たれません。


すると、大トップになってしまうのです。
前傾さえ保てば、大トップによる、ホームランはなくなります。


それと、気をつけていただきたいことが、1つあります。


「フォローをとる」


ということ。


ダフることを重視しすぎると、インパクトを意識するあまり、インパクトでスイングを止めてしまう方がいます。


これでは、上手くダフることができません。
素振りのときに、フォローの位置をどこにするかを意識すると、インパクトでスイングを止めてしまうことを防止できます。





 ⇒バンカー上達のヒントが満載♪(ブログランキング)




 ⇒読むとバンカーショットが上手くなる♪ 無料メルマガ「1分間ゴルフ上達術」

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。







メルマガの読者の方からバンカーについて質問を頂きました。


> バンカー脱出の為に最低限実行すべきワンポイントは?


バンカーについては、メルマガで6回ほど取り上げていました。


良かったら参考にしてください。
振り返ると、1年以上もメルマガを発行しているんですね。(#^.^#)

http://blog.mag2.com/m/log/0000138114/105302266?page=2#105302266

http://blog.mag2.com/m/log/0000138114/105323743?page=2#105323743

http://blog.mag2.com/m/log/0000138114/105374519?page=2#105374519

http://blog.mag2.com/m/log/0000138114/105395619?page=2#105395619

http://blog.mag2.com/m/log/0000138114/105507691?page=2#105507691

http://blog.mag2.com/m/log/0000138114/105562075?page=1#105562075




 ⇒バンカー上達のヒントが満載♪(ブログランキング)




 ⇒読むとバンカーショットが上手くなる♪ 無料メルマガ「1分間ゴルフ上達術」

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。






ゴルフはひたすら沢山練習すれば上達するのでしょうか?


いいえ、違いますよね。


ただ漫然とボールを打つだけでは役にたちません。
貴重な時間を使って練習するのですから意味のあるものにしたいですよね。



ドライバーの飛距離を伸ばすのか? 


方向性を良くするのか?


リズムの良いスイングをつくるのか?


バランスの良いアドレスをマスターするのか?


ルーティーンをマスターするのか?



「テーマ」を明確にして丁寧に練習しましょう。


今、何のために何をするのかを意識して練習すると上達は早くなります。



練習場には、ナイスショットを打ちに行くわけではなく、自分の技術を向上させるために行くのです。


練習場で打つ打球に一喜一憂するのは、卒業して、上達をするための練習をしましょう。



 => ゴルフ上達のヒントが沢山♪(ゴルフランキング)





■ ブログ裏編集後記

初のブログ裏編集後記です。

皆さんのおかげで、ブログのランキングがグングン伸びています。
今、ゴルフのブログランキングで2位あたり?

メルマガバトルも圧勝でしたし、感謝感謝です。

メルマガの読者の方からのファンメールも沢山頂いけて、本当に嬉しいです。

応援していただけると、やる気がでますね。(#^.^#)

今日から、一週間、「メルマガバトル」に参加しています。



「メルマガ相互紹介競争〜メルマガバトル〜」 
8/23 00:00:00 〜 8/29 23:59:59


一週間で、お互いのメルマガを含む数誌をどれだけ増やせるかを競うものです。
面白そうでしょ。(#^.^#)


今回参加してくれた人には特典として、


スペシャルレポート「ゴルフ上達 ドライバーの飛距離を伸ばす5つの智慧」

をプレゼントとして用意しました。(#^.^#)


飛距離アップの方法は沢山ありますが、レポートでは特に「効果が早くでる」方法を5つご紹介しています。


飛距離がアップすると、ゴルフがとっても楽しくなります。
その楽しさを知っていただくために、「効果が早くでる」を重視しました。


メルマガにいつか書こうと思っていた内容です。(#^.^#)



飛ばしのコツ1 「○○を変えませんか?」
飛ばしのコツ2 「ドライバーの○○、あっていますか?」
飛ばしのコツ3 「○○なスイング」
飛ばしのコツ4 「○○を変えるだけで飛距離アップ」
飛ばしのコツ5 「○○すれば飛距離アップ」


読んでくれる方にとって、全てが有効とは限りませんが、飛距離アップのヒントになれば嬉しいと思っています。
(#^.^#)


私のメルマガを応援してくれる方、飛距離アップのコツに興味がある方は、是非ご参加下さい。(#^.^#)



「メルマガ相互紹介競争〜メルマガバトル〜」
 8/23 00:00:00 〜 8/29 23:59:59



メルマガバトルでは、「天才児ネット:科学・雑学 なぜ?なに?どうして?」
と、あわせて、次のメルマガを自由に選んで購読できます。
どれも、面白いメルマガなので、この機会に是非購読してみてください。

「「癒し」だけじゃナイ!アロマテラピー節約生活」
「自宅で簡単ダイエット!30日で腹筋を6つに割る方法 」
「収入3倍!開業1年で成功したホームページ98の極意」



あなたが、今以上にゴルフを楽しめますように。(#^.^#) 蒼(アオイ)

「スロープレー」に気をつけるとスコアが良くなる?



■ 楽しいゴルフのために


スロープレーに気をつけてラウンドすると、とっても良いことがあります。


「余裕のあるラウンドができるので、スコアが良くなる」
「ラウンド時間が短くなって、疲れないから、ゴルフが楽しくなる」
「同伴競技者、ゴルフ場関係者に好かれる」


でも、ちょっとまって。


確かに、「スロープレーは駄目だから、急ごう、急ごう」というのは、マナーの観点から素敵なゴルファーです。
でも、楽しいゴルフができるでしょうか?


ゴルフをはじめたばかりの人が、ラウンドを急かされて楽しいラウンドができるでしょうか?


初心者の方でも、コツをつかんで、スロープレーの原因をなくせば、必要以上に急がなくても、スムーズなラウンドができます。


ゴルフに慣れている方は、初心者の方のスロープレーを急かすのではなく、スロープレーを防止するコツを教えてあげてくださいね。


気をつけるだけでスロープレーを防ぐポイントをあげてみました。
お試し下さい。(#^.^#)




■ ボール探しの時間を減らす


◆ ボールの落下地点を見逃さない

ミスショットをしても、嘆いていないで、落下地点をきっちり把握しましょう。
大きな木、人工物などを目印にしていれば、ボール探しの時間を短縮できます。



◆ 慣れるまでは、細かいルールより楽しいラウンドを優先


OBではないけれど、ラフに入ったボールがすぐに見つからない。
慣れないうちは、ロストボールにこだわらず、大まかに「この辺り」の場所から2打目を打っても良いと私は考えます。


OBの可能性があるなら、仮想のプレイング4で4打目を近くのフェアーウェイから打つ。


すこし探せば見つかるけど、遅延防止のための工夫です。どうでしょうか?


あくまでもゴルフはゲームですので、最初のうちは「楽しく」「人に迷惑をかけず」「安全プレー」を心がければ、良いと私は考えます。
細かいルールはゆっくりと覚えれば良いのではないでしょうか?




■ カートにもどる時間を減らす


ミスショットした時にクラブを交換して打ちますよね?
その時、クラブを交換するためにカートに戻る時間はスロープレーの原因になります。


ミスショットした時のために、アプローチ用のクラブを持っていこう。
OBの時に備えて、予備のボールを2つは常備しよう。





■ 移動時間を短くしよう


移動時間を短くすると言っても、、走る必要はありません。


むしろ、走ってはいけません。
走ってから、息があらい状態でのショットは、高確率でミスショットになります。


ミスショットはスロープレーにつながります。
早歩き程度が最適です。




■ ショットにかかる時間を減らす


自分の打つ番になってから、スイングが始まるまで時間がかかるのもスロープレーの原因になります。


そんな方には、ルーティーンを持つことがお勧めです。
ルーティーンとは、ボールを打つまでの、いつも同じ動作のことです。


アドレスから打つまでの流れがスムーズなら、プレーも早くなりますし、ショットにも大変良い影響があります。
ルーティンは慣れの問題ですので、初心者でもマスターすることができます。

↑このページのトップヘ