先日、ゴルフ練習場に行った時のことです。


知り合いの男性が、
一生懸命ドライバーでボールを打っていました。


後方の打席から見ていて、
100%の力でクラブを振っているのがわかります。


その姿を見て思いました。

「頑張って飛ばそうとしているけど、
 飛距離が出なくて悩んでいるのだろうな・・・」


しばらくして、その男性に話しかけられました。


「頑張ってクラブを振っているけど
 ヘッドスピードがあがらない。」

「ヘッドスピードはどうしたら上がるのか?」


彼が飛ばない原因は、

「腕の力に頼りすぎ」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

というものでした。


クラブを早く振ることに意識をして、
手打ちになっていました。


次の2点を意識するように指摘しました。



飛距離がでない、ダフリ、トップの原因の1つが「軸ブレ」です。

軸がブレる一番の原因は「スウェー」です。

こちらで詳しくご紹介しています。

安定したドライバーショットの打ち方(スウェーを防ぐ方法)

参考になれば幸いです。


飛ばそうとするほどリズムが早くなりがちです。

飛ばしに必要なのは「クラブフェースの芯」でボールを打つこと。

芯でボールを打つには、飛ばしたいときこそ、ゆっくり振るべきです。

こちらで「ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法」をご紹介しています。

ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法

参考になれば幸いです。