golf_ball


ラウンド直前の練習は、スコアに大きく影響します。

正しい練習をすれば、あなたはラウンドで実力を出しきり
スコアを縮めることができます。


間違った練習をすると、あなたは本来の実力をだせず
残念なスコアになります。


では、どんな練習をすれば良いのか?


「スコアが良くなるラウンド直前の練習方法」をご紹介します。

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


まず、最初に「してはいけない練習」を2つご紹介します。


● してはいけない練習 その1


ラウンド直前にスイングを直そうとしてはいけません。

例えば、スライスをしてしまう場合。

本番直前でスイングをいじっては、
ますますショットが不安定になります。

今日はスライスが出やすい日なんだと覚悟を決めましょう。

スライスが出てもスコアを崩さない攻め方をすれば良いのです。


● してはいけない練習 その2


ボールをガンガン打ってはいけない。

ラウンド前に疲れますし、スイングが雑になります。

雑なスイングでミスショットを打てば
不安が増すだけです。

「多くても50球におさえましょう」


次に、お勧めの練習方法をご紹介します。


● ゆっくり何度も素振りをする


イメージどおりのスイングになるまで、
ゆっくり、あわてず、何度も素振りをします。

気持よく素振りができてからボールを打ちます。


● ボールを打つのは短いクラブから


・ウェッジ
・ショートアイアン
・ミドルアイアン
・ロングアイアン(またはFW、UT)
・ドライバー


短いクラブから10球ずつ。

ナイスショットを打つためではなく、
その日の傾向をつかむためにボールを打ちます。

曲がり幅、飛距離を確認します。

すでに決まった練習パターンがあるなら、
その方法でも問題ありません。

あなたが「気持良くボールを打てる方法」で練習すればOKです。


● 練習方法をいつも同じにする

アドレスにルーティンがあるように、
練習にも毎回決まったパターンを持つことをオススメします。

ラウンド前にリズムが良くなりますし、
集中力が高まります。


以上、「スコアが良くなるラウンド直前の練習方法」を
ご紹介しました。

参考になれば幸いです。