golf-244041_150

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


あなたは、
不思議に思ったことはありませんか?



なぜ、
同じくらい頑張っているのに、
ゴルフが上手くなる人と、
ならない人がいるのか?



同じ頃にゴルフをはじめて、
同じくらい練習して
同じくらいラウンドをしている。

それなのに、
1人はあっさりと100を切るが、

もう1人はまったく
100を切れない、、、


なぜ、こんなことになるのでしょうか?

その人の才能?
体格の違い?
ゴルフクラブがいい?


いったい、なぜ、こんなにも結果に
大きな差がでるのでしょか?


これについては、
ずっと不思議に思っていました。

きっと、何か違いがあるはず、、、

そして、
たくさんのゴルファーを見ていて
わかってきました。


■ 今までと同じ行動を続けても、結果は変わらない


上達が早い人は、

いろいろ試しています。



上達が遅い人は
あまり深く考えず、ひたすらボールを打っています。


今よりも上達したいと思っているのに、

今までとまったく同じ行動を
していてはダメですよね。

練習を繰り返すことで
今のスイングは安定していきます。

スイングが安定するので
球筋は安定し
スコアも良くなります。

しかし、、、

今のスイングに、
なんらかの問題があれば
練習を継続することで
その問題もスイングに定着します。


問題のあるスイングをしていると、
ナイスショットの確率が悪くなるというのは
簡単に想像できます。

 
今よりも上達したいなら
練習を繰り返すだけでなく、

「問題の改善をしなくてはいけない」


ということです。



■ 大切なのは「継続」ではなく「試行錯誤」



「継続は力なり」


私の大好きな言葉です。

地道な努力はすばらしいと思いますし、
地道な努力をする人を、心から尊敬します。

ただ、、、

上達が早い人は、

練習を「継続」しているだけでなく、

「試行錯誤」をしています。



同じ練習をひたすら
繰り返せば良いわけではということ。



■ エジソンのどこが偉大だったか?


「継続」といえば
エジソンのこの言葉が有名ですよね。


『わたしは、今までに、一度も失敗をしたことがない。
 電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ』


by トーマス・エジソン


実験を繰り返したエジソンですが、
同じ実験を繰り返したわけではありません。

全て違う実験を繰り返して
最後に正解を見つけました。


「ゴルフの上達」と「電球の実験」とは
違いも多いでしょうが、


同じことをひたすら「継続」するよりも
「試行錯誤」をした方が、
正解にたどり着くのは早い。


というのはどちらにも言えそうです。

何も考えずにボールを打ち続けているより、


「もっと良いスコアでラウンドするには、
 どうすれば良いだろうか?」


「もっとシンプルで再現性の高いスイングにするには、
 どうすれば良いだろうか?」


こう考えながら『試行錯誤』していくことで
スコアが良くなりますね。

参考になれば幸いです。


私も日々、試行錯誤しています。
一緒に頑張りましょう!