golf_ball

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「下手だから、ボールは何でもいい」

「すぐに無くしてしまうから、ボールは何でもいい」

このように、
ゴルフを上達したいと熱心な方でも
ボール選びを軽視している方が多いです。

こういうのって、
本当にもったいないです。

自分に最適なボールをいつも使うようにすれば、

・ドライバーの飛距離がアップします
・ショットの方向性が安定します
・ショートゲームの距離感が養われます
・スライスを軽減できます


つまり、
「ボールを変えるだけで、スコアが良くなる」

ということ。

あなたの役にも立つと思いますので
「スコアが良くなるボールの選び方」を
シェアします。


■ボールはスイングとの相性で選ぶ

「100を切って、安定して90台でラウンドする

という目標を持っているなら、
ゴルフボールの銘柄をそろえましょう。

無理に高級なボールを使う必要はないです。

自分のスイングの特性にあわせた
ボールを選べばokです。

ちなみに、ボール選びは、
クラブの相性よりも
スイングとの相性が大切です。


■ボールの選び方

(1)ボールの硬さ

ゴルフボールは、インパクトの衝撃によってつぶれ
その反発力をエネルギーに変えて飛んでいきます。

例えば、非力な女性ゴルファーが
「カチカチの硬い」ボールを使用すると、、、

ボールの変形は十分なものにならず、
飛距離が落ちます。

その反対に、

パワーヒッターが、
軟らかいボールを使用すると
ボールはつぶれすぎてしまい、
パワーを十分に生かせません。

「ヘッドスピードに最適なボール」
を選ぶことで飛距離を伸ばせます。


(2)ショートゲームの距離感

ゴルフは飛距離も大切ですが、
ショートゲームの距離感も大切です。

スピン性能により、
アイアン、アプローチ、
パットの距離感が変わります。

ボールを統一しないと
いくらラウンド回数を重ねても
距離感が養われません。

同じボールを使うことで、
ショートゲームの距離感を養いましょう。


(3)悩みにあわせたボール選び

ボールは大別すると
ディスタンス系と、スピン系に分類できます。

ボールの選び方により
ゴルフの悩みを軽減出来ます。

たとえば、、、

・ボールがふき上がる場合
スピン量が多すぎる。
ディスタンス系にすると
ふき上がりを減らせます。

・ボールが上がらずキャリーがでない場合
スピンが少ない。
スピン系にすると、ボールが上がりやすくなり
キャリーが伸びます。

・スライスが出る場合
スピン量を減らせば
曲がり幅が小さくなります。

ディスタンス系にすると
スライスを軽減出来ます。

・ボールがドロップする場合
スピン量が少ない。
スピン系にすると、
ドロップを抑えられます。

・ランが出ない場合
スピン量が多い。
ディスタンス系にすると、
ランが増えます。


■ボール選びのまとめ

主に、以下の3つを基準にボールを選びます。

「自分のヘッドスピードにあわせて飛距離アップ」
「アプローチ、パットの距離感があうボール」
「自分の悩みを軽減するボールを選ぶ」

ボールを選んだら、
ある程度使い続けないと
自分にあっているか判断がつきません。

めぼしいボールを見つけたら、
1ダースほど購入して
実際のラウンドで使ってみましょう。

「安定して90台でラウンドしたい」

そう思った頃から、
ボールの種類は統一しましょう。

ボールを統一するだけで
ゴルフがシンプルになり、
よいスコアでラウンドできますよ。

参考になれば幸いです。