golfing-78257_150

FROM:アオイ

「練習場では、そこそこ真っすぐに打てるのに
 コースに出ると、ひどいスライスになる」

メルマガ読者さんから、
こんな相談を受けました。

その方は「100の壁」を超えられずに
悩んでいるそうです。

ゴルフを始めたばかりの頃、
ほとんどのゴルファーは
スライスになります。

スライスの克服が
100切りのキッカケになる
というケースは多いです。

スライスを直すと、
飛距離も伸びますし、
方向性も安定するからです。

今回のように、

「練習場では大丈夫なのに、
 コースに出るとスライスになる」

という方も多いです。

あなたの役にも立つと思いますので、
原因と対策をご紹介します。


■ヘッドアップにより、身体が起き上がる

ラウンドになると、
ボールの行方を見たくなります。

そのため、身体が起きやすくなります。

「ヘッドアップ」と呼ばれるものですが、
多くのミスショットの原因になります。

身体が起き上がると、
スライスになりやすいです。

ただ、、

「ヘッドアップをするな」

と言われても、
実行しにくいですよね?

なぜなら、人間の脳は
「〜するな」という否定形を
実行しにくいからです。

ですので、「〜する」という
肯定形で意識をしましょう。

「ヘッドアップをしない」

ではなく、

「インパクトからフォロースルーにかけて、
 ボールがあった場所を見続ける」

という意識にすると、
ヘッドアップを防止しやすいです。


■アドレスで右を向いている可能性あり

アマチュアゴルファーの9割は
アドレス時に目標より右を向いています。

最初から右を向いているので、
右にボールが飛びます。

練習場ではマットがあるので、
まっすぐアドレスするのは簡単です。

コースに出ると
目印(スパット)を自分で
見つけなければいけません。

ただ、、、

「アドレスで正しい方向を向いているのか?」
は自分ではわかり難いです。

コースで同伴者に後ろから
構えている方向を見てもらいましょう。

本人が思っているよりも
目標方向から大きくズレていることが多いです。


■スライスを怖がるとカット打ちになる

「スライスしそう」と不安になると
左に打とうと、
スイングを微調整したくなります。

左に打とうとスイングを調整すると
カット打ちになりやすいです。

ゴルフは逆説が多いです。

スライスで右にボールが飛ぶのが嫌なら、

「右にボールを飛ばすつもりでスイングしましょう」

インサイド・アウトの軌道になるので
ドローボールになりやすくなります。

以上、
「ラウンド時だけスライスする原因と対策」
をご紹介しました。

「100を切ったキッカケは、
 スライスを直したこと」
という方は多いです。

もし、あなたが「スライス」をしているなら、
アイアンやショートゲームの練習も大切ですが、
スライスを直すことが最優先です。

スライスが直れば、
OBのリスクも少なくなりますし

飛距離が伸びるので、
セカンドショットをグリーンの近くから打てます。

参考になれば幸いです。