golfing-219994_150

FROM:アオイ

「年内に90を切りたい」

メルマガ読者さんから、
こんな相談を受けました。

もし、あなたが

「90台でラウンドは出来るが
 なかなか90を切れない」

と悩んでいるなら、

今回の記事が参考になるでしょう。

このレベルのゴルファーの特徴としては、、、

・平均スコアは90〜100
・周りの人から「ゴルフが上手い」と言われる
・ゴルフ歴は10年以上
・ラウンドは月に2回程度
・練習は定期的にしている
ゴルフは面白いが「なかなか上達しない」と感じている

周りの人からは「ゴルフが上手い人」と
言われるけど、、、

本人は「上達の停滞」に悩んでいる
という方が多いです。

そこで、、、

「上達の停滞」を終えて、
「次のレベル」に進むには
どうしたら良いのでしょうか?

あなたの役にも立つと思うので
シェアします。


■上達の停滞から、次のレベル(80台)に進む方法


(1)練習が「ただの運動」になっていませんか?

ゴルフを始めた頃なら、
練習量を増やすだけで
スコアが良くなります。

練習量を増やすことで
スイングが安定するからです。

しかし、ある程度スイングが固まってくると
練習量を増やすだけでは、
スコアは変わらなくなります。

「上達の停滞」を終えて、
次のレベルに進むには、
「ただの運動」ではダメです。

『練習の課題』を見つけて、
課題に取り組むことで、
次のレベルに進めます。

やみくもに試行錯誤するのは
非効率です。

たとえば、アイアンは上手な方が、
アイアンの練習を増やしても
スコアアップの効果は少ないです。

「スライスでOBになった」といっても、
スライスの回数が少ないなら、
スイングを直す必要はないでしょう。


(2)自分の課題を知るために、プレーの日誌をつける

では、スコアアップにつながる
『自分の課題』はどうやって見つけるのか?

オススメは「ラウンド日誌をつける」です。

・ラウンドの前に、その日の課題を書き込む
・ラウンド中に、ミスショットを記録する
・ラウンド後に、ミスの傾向を分析する

ラウンドに慣れている、
ベテランプレーヤーなので
客観的に自分を分析する余裕もあるでしょう。

自分のプレーを分析すると、
多くのことがわかります。

例えば、、、

・飛ばそうとすると、スライスになる
・上り傾斜が苦手
・ラフからショートする
・100ヤードから、グリーンを「左に」外す
・アプローチが右に出る
・ロングパットのショートが多い

などなど、、、
ゴルファーのミスには、必ず一定のクセがあります。

その中から「特にスコアダウンにつながったミス」
を課題として選びましょう。

それを克服すれば、次のラウンドでは
そのミスが出る回数は減ります。

「スコアダウンにつながる課題」を何個か克服すれば
目標の「90を切る」を達成できますよ。

日誌をつけるのは、
慣れないうちは大変かもしれません。
ですが、やる価値はあります。

上達が早い人は、
記録をつけている人が多いです。