golfer

FROM:アオイ

札幌の自宅より


「フックを直したい」

フックはゴルフ中級者、上級者に多い悩みです。


優秀なメルマガ読者であるあなたも
フックでお悩みかもしれませんね。

フックやチーピンは飛距離が出ませんし、
左OBのリスクが高まります。

フックを直すには
ちょっとしたコツがあります。

ということで、今日は
「フックを直してショットを安定させる方法」
をシェアします。


■フックを直してショットを安定させる方法


フックの原因はいくつかあります。

・インサイドアウト軌道
・ダウンスイングで重心が右側に残る
・下半身が止まる

など、、、

今回は「インサイドアウト軌道」を直す方法を
ご紹介します。

多少のインサイドアウトの軌道はドローボールを
打てるので悪くありません。

しかしインサイドアウトが強すぎると
ショットが安定せずフックの原因にもなります。

強すぎるインサイドアウトの軌道は
次の方法で直しましょう。



(1)スイングを直すときは素振りがオススメ

スイング軌道を直すときは
素振りがオススメです。

スイング軌道を直しているときは
ボールを打っても打球が安定しません。

ストレスを感じるだけです。

ボールを打ってストレスを感じると
元のスイングに戻したくなります。

ボールを打つ場合は、
ボールの変化を確認するだけです。

スイングを直している間は
ナイスショットを期待してはいけません。



(2)スイングを直すときは小さなスイングがオススメ

スイングを直すときはフルスイングよりも
ハーフスイングが良いです。

小さなスイングの方がスイングを直しやすいからです。

ハーフスイングからフックを直して
徐々にフルスイングに近づけます。



(3)スイングを直すときはオーバー気味の動きで直す

スイングを直すときは「オーバー気味の動き」をすると
直しやすいです。


「インサイドアウト軌道」を直す場合は、
「アウトサイドイン軌道」を目指してスイングをします。

バックスイングをいつもよりも、
外側(体から離れる側)に上げます。

フォローを内側(左側)に振りぬきます。

アウトサイドイン軌道はスライスになりやすく
本来は望ましくないスイング軌道です。

しかし、スイングを直すときは
「オーバー気味」の動きをすると良いです。

「インサイドアウト軌道」を直すには
逆の動きである「アウトサイドイン軌道」を意識します。

すると中間の「インサイドインの軌道」に近づきます。

「間違った動きを直すには、オーバー気味の動きで直す」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これはゴルフスイングを直すときに
全般的に使える考え方です。


 * * *


フックを直す方法は他にもいくつかあります。

独学でも、誰かに習っても良いです。

大切なのはショットの方向性を安定させることです。

ショットの方向性が安定すれば、、、

・OBの数が減ります

・ラフ、バンカー、林、池にボールを入れて
 スコアを崩さずにすみます

・フェアーウェイを歩きながら楽しくラウンドできます

・ボールの曲がりが小さいと、同じヘッドスピードでも
 飛距離が伸びます

多くのゴルファーが「飛距離を伸ばせばスコアが良くなる」と
思っています。

しかし、スコアアップを優先するなら、、、

飛距離よりも方向性の安定が大切です。

もしあなたが「今年こそ目標スコアを達成したい」と
お考えなら飛距離よりも「方向性の安定」を優先しましょう。


参考になれば幸いです。




■追伸

私は以前、強烈なフックに悩んでいました。

フックというか、、、チーピンです。

練習場ではストレートボールなのに
本番のコースになると「強烈なチーピン」になる。

原因は右手のグリップが強すぎたこと。

本番では緊張からついついグリッププレッシャーが
強くなっていました。

「アドレス時の右手のグリップを少しゆるくする」

たったこれだけで、フックが直りました。

グリップのプレッシャーを少し変えるだけで
球筋が変わる場合もあります。