hook

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「フックを直して飛距離を伸ばす方法」
をご紹介します。


もしあなたが、フックに悩んでいるなら
今回の記事が役に立つでしょう。

実は、、、

フックは「飛距離アップのチャンス」
である場合があります。

そのため、間違った方法でフックを直すと
せっかくの飛距離アップのチャンスを逃してしまいます。

正しい方法でフックを直せば
フックが直るだけでなく、飛距離も伸びます。

ということで、今日は
「フックを直して飛距離を伸ばす方法」
をシェアします。



■フックを直して飛距離を伸ばす方法

フックを打ったときのインパクトは
アウトサイドインの軌道になっています。

その理由として、

・右手が強すぎる
・右肩が前に出る
・右に体重が残る

などがあります。

左サイドより右サイドが勝っているために
フックになるのです。

これは右サイドで強く振れる状態になってきた
中級者に多い問題です。

ヘッドスピードが上がってきているけど
左サイドと右サイドのバランスが悪い状態なのです。

この状態で右サイドを弱くすれば
フックは直るかもしれませんが、、、

せっかくの飛距離アップのチャンスを
逃す可能性があります。



■フックになったら左サイドを動かす

もしフックに悩んでいるなら、
こちらをオススメします。

「ダウンスイングで左サイドの引く力を強くする」


もう少し具体的に言うと、、、


・左のグリッププレシャーを右よりも少し強くする

・ボールを打つ前に「左腕一本」で素振りをする

・フィニッシュで左に体重をのせて、しっかりと振り切る

・ダウンスイングで左肩を積極的に左に移動する


これをお試し下さい。

全部を実践しても良いですし
イメージしやすい方法を選んでも良いです。

右の強さに左が勝つことで
フックを防止できます。

右の強さに、左の強さが加わり
今よりも大きく飛距離が伸びる可能性があります。


 * * *

フックになったら、左サイドを積極的に活用しましょう。

「フックは飛距離アップのチャンス」
というケースは多いです。

飛距離アップのチャンスを
逃してはもったいないのでお試し下さい。


参考になれば幸いです。



■追伸

ちなみに、このアドバイスでフックを直して
飛距離アップを達成した人は多いです。

ぜひお試し下さい。