golfing-78257_150

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「高いボールを打ち飛距離を伸ばす方法とは?」

先日、メルマガ読者さんから
こんな質問を頂きました。

=======================
ドライバーの飛距離不足が悩みです。

玉が低いためだと思います。
高い玉を打つ、何か良い方法はないでしょうか?
=======================

ドライバーの打球が低すぎると
キャリーが少なくなり
飛距離をロスしてしまいます。

適度な高さのボールを打てれば、
キャリーが伸びて飛距離がアップします。


ということで、今日は
「高いボールを打ち飛距離を伸ばす3つの方法」
をシェアします。


■高いボールを打ち飛距離を伸ばす3つの方法


(1)スタンスを広げる

いつもよりスタンスの幅を広げます。

ボールに対して重心が右に動くので
アッパー軌道になります。

アッパー軌道になるので
高いボールを打ちやすくなります。



(2)ハンドレートに構える

いつもよりボールに対してグリップの位置を
目標方向の反対側に移動します。

ハンドファーストの逆です。

スタンスを広げるときに、左足を動かさず、
右足だけ右に移動すれば
自然にハンドレートになります。

体に対してのグリップ位置はいつもと同じです。

アッパー軌道になりますし、
ロフトが増えるので、
高いボールを打ちやすくなります



(3)ゆっくりバックスイングする

スタンスを広げると、バックスイングでの
肩の回転が浅くなりがちです。

肩の回転が浅くなると飛距離が落ちてしまいます。

バックスイングをゆっくりにすると
肩を回しやすくなります。


肩を十分に回すことで
飛距離を伸ばせます。


 * * *

このように打つと高いボールで
キャリーを伸ばせます。

アドレスを変更するだけなので
すぐに実践できますよ。

ドライバーで高いボールを打ちたい
という場合にお試し下さい。

応援しています!




■追伸

ワイドスタンスで飛ばすプロといえば
石川遼プロが有名です。

ワイドスタンスは重心が下がり、
スイングが安定するというメリットがあります。

ただ、体の回転がしにくいという
デメリットもあります。

ストレッチをして、股関節をやわらなくすると
ワイドスタンスのメリットを活かしやすいです。

参考になれば幸いです。