dahuri

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


上手いプレーヤーは
アイアンのミスが少ないです。

アイアンが苦手という方は
ダフリが多いです。

何が違うのでしょうか?

上手いプレーヤーは
「スイング軌道が安定している」
ということもありますが、

アイアンのダフリを防止するには
コツがあります。

当たり前のことですが、
アイアンのダフリが減れば
パーオンが増えて、スコアが良くなります。


ということで、今日は、
「アイアンのダフリを直す3つの方法」
をシェアします。


■アイアンのダフリを直す3つの方法


(1)アイアンで払い打ちをしていませんか?

アイアンショットはダウンブローに打つと
ダフリを防止できます。

ダウンブローとは、スイング軌道の最下点に達する前に、
クラブヘッドがボールに接するショットです。

ダウンブローだけがアイアンでナイスショットを打つ方法です。

他に、唯一あるとすれば、
完璧な払い打ちをするしかありません。
シャロー軌道(はらい打ち)と言います。

しかし、シャロー軌道(はらい打ち)は
極めて確率の低いショットです。

難易度が高すぎです。


「ダウンブローと、シャロー軌道(はらい打ち)の違い」
down_impact



ダウンブローの方がクラブ軌道の
許容範囲が広いことがわかります。

払い打ちは許容範囲がせまいです。

少しでもボールの手前を叩けばダフリになります。

ボールの上を叩けば
トップやチョロになります。

ダウンブローに打てば、
ダフリやチョロになる確率は大きく減るわけです。


ダウンブローにはメリットがたくさんあります。

●ロフトが立つので飛距離がでる

●スピンがかかるので、ボールがキュッと止まり、正確な距離を打てる

●クラブフェース面の動きが減り、方向性が良くなる

●ダフリとトップが激減する

●ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる

●ティーアップしていないボールも気持ちよく打てる


簡単にいうと

「ショットが正確になる」
「飛距離が伸びる」
「ミスショットが減る」

というメリットがあります。


シャロー軌道(はらい打ち)は、非常に許容範囲が狭く、
ナイスショットの確率が低い打ち方です。

ダウンブローは、許容範囲が格段に広く、
ナイスショットの確率が高い打ち方です。

払い打ちを目指すのではなく
ゆるやかなダウンブローをめざしましょう。

"ゆるやかな"というのがポイントです。

上から叩きつけるような打ち方は、
インパクトゾーンが小さくなるのでショットが安定しません。


(2)バックスイングでスウェーをするとダフリになりやすい

スウェーとはバックスイングで
軸が右に流れている状態です。

腰が右にずれると
クラブ軌道の最下点が右に移動します。

クラブ軌道の最下点が右に移動すると
ボールの手前を打ってしまい、ダフリやチョロという
ミスが多発するのです。

スウェーを防止する方法はこちらを参考にして下さい。

スウェーを防止する方法



(3)ダウンブローを身につける簡単ドリル

ダウンブローを身につける簡単なドリルを
ご紹介します。

こちらを参考にして下さい。

ダウンブローを身につける簡単なドリル



 * * *

アイアンのダフリを直す方法は他にもあります。

重要なのは次の3つです。

「正しいインパクトを知る」(ゴールを明確にする)

「今の自分のインパクトを正確に理解する」(現状を把握する)

「何を直せば良いのか明確にする」(ゴールと現状の差を理解する)


何を直さなければいけないか「確信」を持てれば
スムーズに上達できます。

何をすれば良いのか迷いがあれば
上達が遅くなります。

新しいレッスンを見るたびに試したくなります。

課題を持たずにボールをたくさん打っても
上達はしません。

上達するには課題を明確にしましょう。

そのためにも
「最終目標である正しいインパクト(ダウンブローのインパクト)」
を知ることが重要です。

参考になれば幸いです。



■追伸

「アイアンが飛ばないなー」
と悩んでいませんか?

「アイアンで少しダフっている」ために
飛距離が落ちているケースは多いです。

練習場のマットだと、少しダフってもボールが飛ぶので
「少しダフったスイング」をしていると
本人が気づいていないケースも多いです。

アイアンの飛距離アップのためにも
ダウンブローは身につけておきたいショットです。