put

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「1mのショートパットをはずしてしまう・・・」

もしあなたが、このような悩みを持っているなら
今回の記事が役にたつでしょう。

1mのショートパットをはずす場合、
殆どの方は左に外しています。

ショートパットを左にはずさなくなるコツがあります。

1m前後のパットが入るようになると
劇的にスコアが良くなりますよ。

ということで、今日は
「ショートパットが得意になる意外な方法」
をシェアします。


■ショートパットが得意になる意外な方法


(1)ショートパットを左に外す理由

1mのショートパットをはずす場合、
殆どの方は左に外しています。

なぜか?

カップインが気になりインパクトの直前に、
右目、右肩、右腰が前に出てしまうからです。


ショートパットはターゲットが近いために
安定したストロークをするのが難しいのです。

ヘッドアップをしないために
強い意志と反復練習が必要になります。

ですが、、、

ショートパットのヘッドアップを防止する
あまり知られていない方法があります。


(2)ショートパットは左手でボールを拾う

その方法とは、、、




「ショートパットはカップインしたボールを左手で拾う」

これだけです!

「は?それだけ?」

と思うかもしれませんが、
簡単なのに効果は大きいです。

インパクトで右目、右肩、右腰が前に出る動きを
防止できます。

ショートパットでカップインしたボールを右手で拾うと、
ボールを打った後に、体の右側が前に動きます。

これが習慣になっているので、ボールを打つ瞬間に
体の右側が前に動くのです。

ボールを左手で拾うとその動きがなくなります。

効果がある方と無い方がいます。

ショートパットはスコアに直結します。

すぐに出来る方法ですので、一度はお試し下さい。



(3)具体的な動き

「ショートパットはボールを左手で拾う」
の具体的な動きを解説します。


・下半身と頭の位置を不動にしてストローク

・ボールをしっかりと見る
(ヘッドアップを防止する効果があります)

・1mのパットを打つ

・ボールが止まるまでフォローを崩さない

・カップインした後、右足は動かさずに
 左足をカップへ平行移動

・ボールを左手で拾い上げる
 



 * * *

ショートパットが苦手な方は
ボールを打つ瞬間、少し右肩、右腰が
前にでてしまうのです。

「フェース面をスクエアにしよう」

「ヘッドアップに注意しよう」

と思っていても、一瞬の動きなので簡単ではありません。

土台となる下半身や肩が動いては
安定したストロークはできません。

ショートパットを引っ掛けると悩んでいるなら、、、

「ショートパットは左でボールを拾う」

この方法で劇的にショートパットが
安定する方もいます。

ぜひお試し下さい。



■追伸

「パットが上手くなればなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

「ゴルフスコアの半分近くはパットです」

もし、あなたがパット練習を自宅でしていないなら
毎日5分で良いのでパットを練習してみませんか?

スコアが良くなることを保証します。