golfclub

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


札幌の自宅より、、、

「手っ取り早くスコアアップする方法は何ですか?」


そんな方法あったらこんなに苦労しません!
とツッコミを入れたくなりますが、

実は、あります、、、その方法が、、、

もちろん全員が使えるというわけではありませんが
殆どのアマチュアゴルファーがスコアアップする方法です。

しかし、この方法、、、珍しい方法でもなんでもありません。

ゴルフをしていれば自然と、
「あ!これはスコアが良くなる!」
と気づくものばかりです。

勉強熱心なメルマガ読者である
あなたは知っているかもしれませんが、
少しでも役にたてば嬉しいです。

ということで今日は
「手っ取り早くスコアアップする3つの方法」
をシェアします。


■手っ取り早くスコアアップする3つの方法

「手っ取り早く」という条件をつけるので、
今回は「スイングを直す」という方法は除外します。

スイングを直すにはどうしても
ある程度の練習量が必要になりますので。

長期的に見れば、スイングを整えることが
上達の必須条件です。
それを前提にご紹介しますね。

手っ取り早くスコアを良くする方法は
いくつかあるのですが、今日は3つご紹介します。


(1)アイアンを1cm短く持つ

実はアイアンショットを安定させる
簡単な方法があります。

この方法は次のラウンドから実践できます。

確実にアイアンショットを安定させる方法とは、、、

「アイアンを指一本分、短く握る」
という方法です。

「アイアンを短く握る」は
女子プロ最強で「女王」と呼ばれた
アニカ・ソレンスタムも実践していました。

芯で打ちやすくなりショットが安定します。

試して頂くとわかるのですが、、、
ほとんどの場合、飛距離もおちません。

むしろ平均飛距離は伸びるケースが多いです。

クラブを短く持って飛距離を落とそうとすると
だいぶクラブ短くもつ必要があります。

アイアンショットを安定させたいと思ったら
「クラブを指一本分、短く握る」をお試し下さい。




(2)ゴルフはゴロフ

「ゴルフは、ゴロフだ。」
と言ったのは青木功プロ。

アプローチは出来るだけ転がしましょう。
ミスが少なくなります。

S/Wのようにロフトが寝ているクラブは
アプローチのミスが多くなります。

ロフトの立っているクラブでできるだけ転がしましょう。
ミスが少なくなり距離感も合いやすいです。

アプローチの結果はスコアに直結しますので、
すぐにスコアが良くなります。

パターで転がせるなら、パターを使う。

パターが駄目なら、ランニングアプローチをする。

ランニングアプローチが駄目なら
ピッチエンドランにする。

ロブショットは殆ど使う場面はありません。

「アプローチは出来るだけ転がす」

個人的にはスコアを減らすために
もっとも簡単な方法だと思っています。



(3)ナイスショットのカギはリズムとテンポ!

ナイスショットで一番大切なことは、
リズムとテンポです。

スイングの細かい部分を気にし過ぎると
スイングリズムが悪くなります

良いスイングリズムは、
多少の悪い癖をカバーしてくれます。


スイングが安定しないと悩んでいる方は
スイングリズムが早くなりがちです。

「気持ちの良いリズムでスイングをする」
「トップでは程よい"間"を持つ」

これだけでナイスショットが増えるものです。


* * *

手っ取り早くスコアアップする方法を
ご紹介しました。

実はこのような簡単にスコアアップする方法は
まだまだあります。

たくさんありすぎて、
どれを紹介しようか迷ったくらいです。

あなたが今日の内容を気に入ってくれたなら、
感想をこの下のコメント欄に書いてください。

「いいね」ボタンを押してください。

もし評判が良ければ、近日中に
「手っ取り早くスコアアップする」の続きをお話しします。



■追伸

先日、知り合いのプロと話していて
パッティングについて、ちょっとしたヒントをもらいました。

「あ!確かに!」と目から鱗がおちました。

長くゴルフをしていても、ちょっとしたヒントが
上達のきっかけになるものですね。