jpg2

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


『遠くへ飛ばそうとしなければ
 ボールは遠くに飛ぶ』


と言ったのはメジャー7勝をあげた
サム・スニード。

優秀なメルマガ読者である
あなたもご存知のとおり、、、

飛ばそうとせずに
リズム良くスイングしたときの方が
飛距離がでるものです。

とは言っても、、、ついつい飛ばしたいという気持ちから
力みが出る時がありますよね?

「無駄な力み」をとれば飛距離が伸びます。
ショットも安定します。

どうすれば「無駄な力み」は取れるのでしょうか

ということで、今日は
『力みをとってドライバーの飛距離をアップする3つの方法』
をシェアします。


■力みをとってドライバーの飛距離をアップする3つの方法

力みを取る方法はいくつかありますが
その中の3つをご紹介します。


(1)目をつぶって素振り

目をつぶって素振りをします。

素振りをするだけでも
力みを取る効果があります。

目をつぶることで効果が高くなります。

目をつぶって素振りをしてから
ボールを打ちます。

素振りの感覚が消えないうちに、
ボールを打ちましょう。

目をつぶって素振りをすると
体の動きの細部を感じることができます。

力みを取ると同時に
丁寧なスイングができます。


(2)アドレスの時間を短くする

アドレスで構えてからの時間が長いと
徐々に力が入ってしまいます。

プレショットルーティンで
アドレスしている時間を短くすると良いです。

サッと構えて、サッと打ってしまいましょう。

アドレスの時間が短い方が
飛距離はでるものです。


(3)トップでクラブの重さを感じる

「クラブの重さを感じる」

優秀なメルマガ読者である
あなたなら何度も聞いたことがあるでしょう。

「何度も聞いたことがある」というのは
重要だからです。

トップでクラブの重さを感じられない場合は、
力んでいる可能性が高いです。

腕の力ではなく、背筋でバックスイングをします。

腕は余計なことをしない。

腕に力が入るとクラブの重さを感じることはできません。

「トップでクラブの重さを感じる」
を意識しましょう。

スィングのリズムが早くなるのを
防止する効果もあります。



 * * *

力みを取る方法を3つご紹介しました。

(1)目をつぶって素振り
(2)アドレスの時間を短くする
(3)トップでクラブの重さを感じる


どれか1つでも試してみませんか?

筋肉が早く動くためには
筋肉を緩めないとダメなんです。

力を入れた状態では
身体は素早く動けないのです。


実践しやすいものを1つ選んで試して下さい。

飛距離が伸びますよ。

応援しています。



■ 追伸

偉そうなことを言いましたが、
私も飛ばそうとすると力が入りやすくなります。

「飛ばしたい!」

と感じたときほど肩の力を抜くようにしています。

あなたは飛ばそうとして
肩に力がはいっていませんか?

力を抜いた方が飛距離はでるものです。

『遠くへ飛ばそうとしなければ
 ボールは遠くに飛ぶ』

とサム・スニードも言っていますしね。