mousyo

FROM:アオイ

札幌のスタバより、、、


「暑すぎて、プレーに集中できない!」

猛暑が続いていますね・・・

気温が高い日のラウンドは
集中力が低下しがちです。

「ゴルフで良いスコアをだすために集中力が大事」

というのは、勉強熱心なメルマガの読者さんの
あなたならご存知のとおりでしょう

この猛暑の中でも、集中力を保てれば
スコアも良くなります。

一緒にラウンドしている人からは
「この人は自分の集中力をコントロールできる」
と尊敬されるでしょう。

ということで今日は
「夏のゴルフで集中力を持続する方法」
をシェアします。


■夏のゴルフで集中力を持続する方法


集中力の持続は訓練で向上できますが、
それには時間がかかります。

暑さによる集中力の低下は
すこしの工夫で違いがでます。

簡単な方法をいくつかご紹介します。


(1)喉が乾いてからでは遅すぎる

「喉が渇いたから水分補給」では遅すぎます。

自覚できるころには集中力はさがっています。

「喉が渇いたな・・・」と感じた時点ですでに
集中力が低下した状態で何回かのショットを打っています

そして飲んだ水分が体に吸収されるのには時間がかかります。

「喉が渇いたな・・・」と感じて水分を補給しても
吸収されるために時間がかかるので
集中力が低下した状態でその後も数回はショットを打つことになります

「喉が渇いたから水分補給」では遅すぎるわけです。

対策は簡単です。

「水分補給をこまめに行う」

「喉が渇かなくても
ショットを打つたびに一口飲む」


これくらいの意識で調度良いのです。



(2)直射日光をさける

直射日光は体力を奪います。

体力の低下は集中力を低下させます。

・直射日光にできるだけあたらない

・長袖を着る(通気性の良いインナーも良いです)

・待ち時間はヒカゲにいる

・バイザーでなくキャップをかぶる

・日傘をさす


などの工夫をしてはいかがでしょうか?



(3)ラウンド前にミネラル補給

スポーツドリンクをラウンド前から飲むようにしましょう。

水分やミネラルが吸収されるには
時間がかかります。

ラウンドをはじめてから水分補給をはじめたのでは
スタートホールではすでに水分不足です。

スタート前の練習時からこまめに
スポーツドリンクなどでミネラルを補給しましょう。



 * * *

夏のゴルフで集中力を持続する方法をご紹介しました。

・水分補給をこまめに行う
・直射日光をさける
・ラウンド前から水分補給をする

集中力は意志の力だけではカバーできません。

水分やミネラルが不足すれば集中力は下がります。

体がつかれれば集中力が下がります。

集中力が下がるのは「生理現象」です。

水分補給もルーティン化してしまいましょう。

猛暑でも集中して
良いスコアでラウンドできますよ。

一緒にラウンドする人も
「この人は自分をコントロール出来る人だ」
とあなたに感心するでしょう

参考になれば幸いです。




■追伸

猛暑が続いていますね。

熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。




■追伸2

狙った場所にボールを打てると疲れにくいです。

狙った場所にボールを打てると
コースをジグザクに歩かず最短ルートを歩けます。

狙った場所にボールを打てないと
ボールを探すために体力を使います。

コースをジグザグに歩くことになります。

ラフや傾斜を歩く回数も増えます。

ゴルフはラフや傾斜をあるくと
体力を消耗します。

体力を消耗すること集中力が下がるので
スコアが悪くなりやすいです。

狙った場所に打てるプレーヤーは
「集中力を保ちやすい」という面でも有利なんですね。

飛距離も大切ですが、狙った場所に打てるように
スイングの再現性を高めましょう。