impact

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「ドライバーショットが安定しない」

もしあなたが、こんな悩みを持っているなら
今回の記事が役に立つでしょう。

ドライバーが安定しないと
良いスコアでラウンドするのは難しいです。

ドライバーが安定すると
バーディーを狙えるラウンドができます。

どうせならバーディーを狙えるような
ゴルフがしたいですよね?

ということで、今日は
「ドライバーショットを安定させる重要事項」
をシェアします。


■ドライバーショットを安定させる重要事項

「ドライバーが安定しないのはスイングに問題がある」と
考えている方は多いですが、、、

実は、、、

「ドライバーが安定しない理由はアドレス」
というケースがとても多いです。


90%以上のアマチュアがアドレスの問題から
スイングが安定していないと悩んでいる気がします。

スイングを直すのに比べて、アドレスを直すのは
難しくありません。

スイングは動きの早くて、チェックするのが難しいですし、
修正するのが大変です。

アドレスは動いていないので、
チェックしやすいですし、修正も難しくないです。

「レベルアップをしたいなら
 スイングよりもアドレスをチェックしましょう」


ショットを安定させるための
アドレスの重要ポイントをご紹介します。



■ショットを安定させるためのアドレスの重要ポイント

(1)アゴを少し上げる

アゴを少し上げて背筋を伸ばす。

ボールを見下す感じで調度良いです。

アゴを上げることで
肩の回転がスムーズになります。

肩の回転がスムーズになるので
スイング軸が安定します。

肩の回転がスムーズになるので
回転スピードが早くなります。

「アドレスでアゴを少しあげるだけで」
ショットが安定して飛距離も伸びるのです。


アゴを少し上げて背筋を伸ばしましょう。

ボールを見下す感じで調度良いです。

肩の回転不足のために
スライスになっている方もいます。

アゴを少しあげるだけで
スライスも直る可能性があります。


(2)おしりを上に上げる

おしりを少し上に突き出す。
おしりを上にあげるとスイング軸が作りやすいです。

スイング軸が安定するので
ショットが安定します。


(3)ヒザにゆとりを持たせる

ヒザはゆとりを持ち軽く曲げる。

パワーがためやすくスイング中に
踏ん張れるようになります。


(4)肩の力を抜く

肩や腕に力をいれすぎない。
力を入れすぎるとヘッドが走りません。

肩を落として「ホッ」と息をはいてみましょう。
肩の力が抜けてクラブヘッドが走ります。

スイング軌道も安定しますし、
飛距離も伸びます。

アドレス時に右肘を少し曲げると
上半身の力みが取れます。

右手の使いすぎで
スライスしている方が多いです。

右手の力を抜くことで
スライスを防止できます。


 * * *

ドライバーショットを安定させる重要事項を
ご紹介しました。


90%以上のアマチュアがアドレスの問題から
スイングが安定していないと悩んでいる気がします。

「ゴルフの神はアドレスに宿る」
と言ったのは伝説のトップアマ中部銀次郎さん。


スイングに悩んだらアドレスをチェックしましょう。

それが上達の近道です。

あなたはどう思いますか?




■追伸

ゴルフが上手い人ほど
アドレスを頻繁に確認します。

ラウンドを連続すると
少しずつアドレスがずれてくるものです。

定期的にチェックしてはいかがでしょうか?

スイングを直さないで飛距離もアップして、
ショットも安定する可能性は高いです。