rahu3

FROM:アオイ

「どうすれば深いラフからアプローチを成功できるのか?」

夏になるとラフが深くなりますね。

深いラフはトラブルショットです。

深いラフのアプローチで
スコアを崩してしまう方も多いです。

コツをしっていれば深いラフからも
スコアを崩さずにすみます。

ということで今日は
「深いラフからのアプローチを成功させる方法」
をシェアします。


■打ち方よりも状況判断!

深いラフからのアプローチを成功させるコツはこれ

「打ち方よりも状況判断!」

深いラフからのアプローチが成功するか
失敗するかは打つ前に決まっています。

重要なのは「ボールがどれくらい沈んでいるか?」です。

大きく分けて3パターンあります。

・芝の上に浮いている状態
・ボールが芝に半分沈んでいる状態
・完全に沈んでいる状態


それぞれで打ち方が変わります。


(1)芝の上に浮いている状態

芝の上に浮いている場合は
通常どおりのアプローチをします。

ロブショットをしようとすると
クラブフェースがボールの下をくぐってしまい
距離がでないです。


(2)ボールが半分沈んでいる状態

ボールが半分沈んでいる状態は
ほんの少しフェースを開きます。

ボールの下にスペースがあるのですが
普通に打つと芝に負けてフェースが閉じやすいです。

すこしフェースを開くことで
草を切るようにショットができます。

素振りで確認して芝の抵抗が弱ければ
フェースを開かずに打っても良いです。


(3)完全に沈んでいる状態

この状態は「トラブルショット」だと言えます。

芝の抵抗が強ければ
抵抗に負けないように
グリップを強く握る必要があります。

ただ、

日本のゴルフ場は海外にくらべて
芝の抵抗が少ないです。


グリップを強く握る必要がない
ケースが多いです。

素振りをしてみて、
ゆるいグリップをしても
芝の抵抗に負けないなら

ゆるいグリップの方が良いです。

ゆるいグリップなら、
V字ショットを打ちやすくなります。


V字ショットにすることで
ボールの手前の草が邪魔にならずにすみます。


■本気素振りで芝の抵抗を知る

ラフに限りませんがアプローチを成功させるコツは
「本気の素振り」です。

本番と「同じライ」「同じふり幅」「同じリズム」
で素振りをします。

本気の素振りです。

素振りによりラフの抵抗を感じ取れるので
成功の確率が高まります。



■ランの距離が大きくなる

深いラフからの注意点としては
ランの距離が長くなることです。

クラブフェースとボールの間に芝が入ります。

スピンが減ることでボールが止まりにくくなります。

ラフからはいつもよりも「ランの距離を長め」
で計算しましょう。

 * * *

深いラフからのアプローチを成功させる方法を
ご紹介しました。

アプローチはスコアの要です。

夏にラウンドするときはラウンド前に
深いラフも練習しておくと安心です。

参考になれば幸いです。




■追伸

深いラフからの打ち方をご紹介しました。

アプローチで大切なのは
「正しく合理的なアドレスとフォーム」
を身につけること。

基本のアプローチをマスターしていれば
深いラフも少し応用するだけで対応できます。

何事も基本が大事ですね。

あなたはどう思いますか?