driver5

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「どうすれば、肩を深くいれて飛距離を伸ばせるのか?」


メルマガ読者さんにこんな質問を頂きました。

=================
バックスイングで肩の入りが浅いと
飛距離がでません。

肩を深く入れるとスイングが安定しません。

良い方法はないでしょうか?
=================

バックスイングで肩を充分に回転させると
飛距離はアップします。

ただ、、、

無理に肩を回そうとすると
スイング軸がずれて飛距離が落ちてしまいます。

どうすれば、
肩を深くいれて飛距離を伸ばせるのでしょうか?

ということで今日は
「肩を深く入れて飛距離を伸ばす3つの方法」
をご紹介します。


■肩を深く入れて飛距離を伸ばす3つの方法


(1)猫背になっていませんか?

肩が回らない原因の1つが
ラウンド時の「猫背」です。

「いやいや、オレに限って猫背とかないから」

と思うかもしれませんが、、、

普段の練習では猫背ではないのに、
ラウンド中や調子が悪いときだけ
猫背になっている人もいます。

もしかすると、あなたも少し背筋を伸ばすだけで
飛距離がアップするかもしれませんよ。

アドレスで背筋を伸ばすと
体の回転がスムーズになります。

アドレスで背筋を伸ばすと
クラブの通り道ができます。

飛距離が伸びると同時に、
スイングが安定します。


(2)アドレスでアゴを少しあげる

アゴを引いてアドレスをすると
肩の回転が不足しがちです。

アドレス時にアゴを少し上げてみてください。
後ろ髪をかるく後ろに引っ張られるイメージです。

以前よりもボールを見下ろす感じになりますが
それでokです。

アゴの下に空間をつくることで、
肩の回転がしやすくなります。

肩が回るので飛距離も伸びます。

スライスを防止できるケースも多いです。


(3)上半身の脱力

あなたは飛ばそうとして
無駄な力がはいっていませんか?

力を抜いた方が飛距離はでるものです。

『遠くへ飛ばそうとしなければ
 ボールは遠くに飛ぶ』

と言ったのはメジャー7勝をあげた
サム・スニード。

ほんの少し手や肩の力を抜いて
スイングをしてみませんか?


肩の力を抜くと
肩がまわりやすくなります。

肩がまわるので
腕の力を使わずにすみます。
 
特に右腕の力を入れ過ぎないようにしましょう。


 * * *

肩を深く入れて飛距離を伸ばす3つの方法を
ご紹介しました。

・猫背になっていないかチェック

・アドレスで少しアゴを上げる

・上半身の脱力


参考になれば幸いです。




■追伸

スイング軸がずれるために
飛距離をロスしている方はとても多いです。

スイング軸は安定すると
スイングの再現性が高くなります。

スイング軸は安定すると
ヘッドスピードがあがり飛距離がでます。

あなたのスイングに
安定した軸はありますか?