kaze

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「あれ?どうしてOBになったの?」

ゴルフをしていると良いショットなのに
OBになることがあります。

良いショットを打ったと思ったのに
OBになるのは辛いですよね。

実はナイスショットなのに
「風」によってOBになっているケースは多いです。

特に「斜めの風」に注意が必要です。

真正面から強い風は殆どの
ゴルファーが考慮します。

ですが、、、

「斜めの風」を考慮していないゴルファーは多いです。

斜めの風がOBの原因となるケースも多いのです。

「斜めの風」を考慮するとOBを減らせます。

少し考慮するだけで
スコアが良くなるので必見ですよ。

ということで今日は
「タイプ別、斜めの風のコース戦略」
をシェアします。


■タイプ別、斜めの風のコース戦略


(1)左から右へのアゲインスト

左から右へのアゲインスト。

これはスライサーにとって、
一番やっかいな風です。

一度ボールが右に曲がると
風にボールが流されはじめます。

そんなに強い風じゃないのに
大きく曲がってしまいOBになりやすいです。

ドローを打つ人は風にぶつけるようなボールになるので
飛距離が落ちるだけです。

もしあなたがスライスをする傾向があるなら
いつもより大きく右に曲がる可能性を考慮しましょう。

いつもより左を狙うという方法でも良いですが、、、

「クラブを短く持つ」という対策もオススメです。

クラブを短く持つとスライスを防止できます。

芯で打ちやすくなるのでクラブを短く持っても
飛距離はそれほど落ちません。

クラブを短く持つとボールが低く出やすいので
風の影響も少なくなります。

もしあなたがスライスを打つことがあるなら、、、

左から右へのアゲインストのときは
「クラブを短く持つ」がオススメです。


(2)右から左へのアゲインスト

右から左へのアゲインスト

これはフッカーにとってやっかいな風です。

一度ボールが左に曲がると
風にボールが流されはじめます。

そんなに強い風じゃないのに
大きく曲がってしまいOBになりやすいです。

ボールが曲がるのを怖がって
下半身が止まるとフックが強くなりやすいです。

次の対策が有効です。

・左手の小指、薬指、中指を少しだけ強くする

インパクトでフェースがかえりにくくなります。
フックを予防できます。


・素振りで大きなフィニッシュを作る

下半身が止まるとフックになりやすいです。
左サイドに振りぬくようにするとフックを防止できます。

フィニッシュまで振りぬく素振りをしてから
そのイメージが消えないうちにボールを打ちます。

体の回転がスムーズになりフックを防止できます。


 * * *

タイプ別に斜めの風のコース戦略をご紹介しました。

風を考慮してラウンドするのも
ゴルフの楽しみの1つです。

ぜひ風のラウンドを楽しんでください。

参考になれば幸いです。




■追伸

最近、メルマガ読者さんから
嬉しい報告をたくさん頂きます。

特に多いのが「飛距離が伸びた」という報告です。


気づいたらメルマガを書くことを
11年間も続けていました。

最初のメルマガを書いたのは
2004年の8月です。

よく続いたものです。

メルマガを書くのは簡単に見えるかもしれませんが
結構、大変です。

まず何を書こうか悩みます。

書き終わっても納得の出来ない記事になっていて
最初から書きなおしたりもします。

ですので、

読者さんの嬉しい報告が
何よりもはげみになります。

メルマガに返信していただいても良いですし
ブログのコメントを書いていただいても良いです。

あなたの嬉しい報告をお待ちしております。