impact

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「ティーショットがトップやチョロになる・・・」

と悩んでいませんか?

ドライバーのトップやチョロは辛いですよね。

チョロとはボールの上を叩きすぎて
ボールがチョロっとしか飛ばない状態。

気合を入れたティーショットがチョロ。

あの悲しい気持ちはなんとも言えません。

そんな悲しい思いをあなたに
してほしくありません。

ティーショットのトップやチョロを防ぐには
どうしたら良いのか?

ドライバーのトップやチョロを防ぐ
シンプルな方法があります。

ということで今日は
「ティーショットのトップやチョロを防ぐ3つの方法」
をシェアします。


■ティーショットのトップやチョロを防ぐ3つの方法

(1)ボールの位置をチェック

最初にチェックして欲しいのはコレ。

ボールの位置です。

スイングは簡単には変わりませんが
ボールの位置やアドレスは徐々に変わるものです。

ボールの位置が左になるほど
体からボールが離れます。

するとクラブが届かなくなり
トップやチョロになります。

ボールの位置がいつもより
左過ぎないかチェックしてください。

アッパーブローに打って飛ばしたいと思うと
ボールが左にズレやすいです。


(2)インパクト後もボールがあった場所を見る

チョロやトップになる原因の1つがヘッドアップです。

ボールの行方が気になってインパクトの前に頭が上がると
トップやチョロになります。

インパクトでの動きは一瞬なので
ラウンド時に意識して直すのは難しいです。

練習の時点から
「インパクト後もボールがあった場所を見続ける癖」
を付けましょう。

そうすればコースでも頭があがらず
チョロやトップを防止できます。


(3)ボールを上げようとしない

ボールを上げようとすると
すくい打ちになります。

すくい打ちになるとスイングの最下点が
ボールの手前になります。

ティーアップしたボールは
トップやチョロになりやすいです。

地面の上にあるボールは
ダフルかトップになります。

ボールはクラブのロフトが上げてくれます。

スイングで上げようとしてはいけません。
ショットが安定しなくなります。


 * * *


ティーショットのトップやチョロを防ぐ3つの方法
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・ボールの位置をチェック
・インパクト後もボールがあった場所を見る
・ボールを上げようとしない


ドライバーはレベルブローに打つ。
(ほんの少しのアッパーは良いです)

アイアンは緩やかなダウンブローに打つ。

ショットが安定して良いスコアを出せますよ。

参考になれば幸いです。