rahu2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「コースに出るとアイアンの飛距離が落ちる・・・」

こんな経験はないですか?

ピンまで残り150ヤード。

「よし!150ヤードは7番アイアンでピッタリ!」

気合を入れて打ち、完璧なナイスショット!

しかし、、、なぜかショートしてしまった。

なぜナイスショットなのに
距離が合わなかったのでしょうか?

ということで今日は
「コースに出るとアイアンの飛距離が落ちる理由と対策」
をシェアします。

狙った場所にボールを打てるようになると
大幅なスコアアップが期待できますよ。


■コースに出るとアイアンの飛距離が落ちる理由と対策

コースに出るとアイアンの飛距離が落ちる理由は
いくつかあります。

その中でも影響が大きいのは「斜面」です。

ゴルフコースに平坦な場所は殆どないです。

ティーグラウンドでさえ傾斜があります。

斜面からのショットは飛距離が落ちます。

たとえば、、、

「左足上がり」はボールが高くあがり
飛距離が落ちます。

「つま先上がり」はクラブを短く持つので
飛距離が落ちます。

「つま先下がり」はフルショットをしにくいので
飛距離が落ちるケースが多いです。

傾斜が強くなるほど
飛距離が落ちやすくなります。

傾斜を考慮せずに残り距離だけでクラブを選ぶと
当然、ショートしてしまいます。

傾斜面を確認してから
使うクラブを選択しましょう。

それだけでグリーンに届かなかった
という失敗を減らせます。


■斜面からナイスショットを打つ方法

斜面からの打ち方は過去の記事で
何度か紹介しました。

よろしければ参考にしてください。

スイングのバランスを作る2つの方法

スイングのバランスが良いと斜面からナイスショットを打ちやすくなります。


フェアウェイウッドの斜面からの打ち方

セカンドショットでフェアウェイウッドを使う回数が多いなら
必見です。


つま先あがり傾斜の打ち方と攻略法

スライスする人はセカンドショットで
つま先上がりになりやすいので必見です。


左足あがり傾斜の打ち方と攻略法

左足上がりはとても多い傾斜なので
対策を覚えておくと安心です。


■ほとんどのゴルファーが傾斜を甘く見過ぎ

多くのゴルファーを見ていて思うのですが
傾斜を甘く見すぎている方は多いです。

傾斜の重要性を教えてくれる人が少ないので
ある意味仕方がないかもしれません。

傾斜から狙った距離を打てるようになると
大幅なスコアアップが期待出来ますよ。

参考になれば幸いです!