swing

FROM:アオイ

札幌の自宅より

「たくさん練習しているけど上達しない!」

あなたもこんな悩みを感じたことはありませんか?

熱心なゴルファーはたくさん練習します。
しかし、その熱意が空回りしている場合があります。

ではどうすれば、
ゴルフは上達できるのか?

ゴルフが上達する「素振り」があります。

ということで今日は
「素振りでゴルフを上達する方法」
をシェアします。



■ボールをたくさん打っても上達しない

まずお伝えしたいことは

「ボールを打つだけが、ゴルフの練習ではない」

ということ。

反復練習には「今のスイングが安定する」
という効果があります。


上達しないと悩む方には
「ひたすらボールをたくさん打つ」
という傾向があります。

熱心で本当に素晴らしいです。

もちろん、ボールを打つ練習は必要です。

しかし、ボールを打つ必要がないケースも多いのです。



■ボールを打たない方が良いケース

それはスイングを直す時です。

スイングを直す時は「素振り」がオススメです。

目の前にボールがあると、
スイングに集中できないです。

ボールを意識してスイングの細かい部分が
わからなくなります。

スイングを直すことよりも
「良いショットを打ちたい」
という気持ちが強くなります。

スイングを直す時は「素振り」がオススメです。



■素振りでゴルフを上達する方法

スイングを直さない練習でも
素振りには大きな効果があります。

素振りには複数の種類があります。

どれもあなたの上達を助けてくれる
とても効果的な練習です。


(1)ボールを意識しない素振り

ボールを意識しない素振りの主な目的は3つ

・ストレッチ

・体幹を鍛える

・体の動きをスムーズにする

練習の最初におこないます。

練習の途中で「スイングがぎこちない」と
感じたときにも行います。



(2)ボールを意識する素振り

こちらがメインの素振りです。

実際にボールがある意識で、
本気で素振りをします。

ボールを打つ練習と交互に行うと良いです。

スイングを直す練習では
「10球素振りで1球打つ」
くらいで調度良いです。



(3)目的別の素振り

素振りにはたくさんのバリエーションがあります。
課題に応じて使い分けます。


・重いクラブをふる(体幹を使う練習)

・クラブを逆さに持つ(回転の早さを体感する練習)

・クラブを片手に1本ずつ持つ(体とクラブを同調させる練習)

・20秒かけてスロースイング(スイングの細部を把握する)


 * * *


普段の練習は

「ボールを打つつもりで素振りをする」

「10回素振りして、1回ボールを打つ」

こんな練習がオススメです。


素振りならミスショットを気にする必要もありません。

良いスイングを効率的に身につけられます。

プロもたくさん素振りをしています。

ひたすらボールを打つ練習よりも
素振り効果的です。

あなたはどう思いますか?