driver7

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすればティーショットを曲げずに打てるのか?」

ゴルフが上手い人は
ティーショットのミスが少ないです。

ティーショットが安定すると
大幅なスコアアップを期待できます。

ということで今日は
「ドライバーショットを安定させる3つの方法」
をシェアします


■ドライバーショットを安定させる3つの方法

(1)ドライバーを短く持つ

ドライバーを短く持つと方向性が安定します。

クラブが短くなるとなぜ方向性が安定するのか?

・クラブが短くなるので芯にあてやすくなる

・スイングプレーンがアップライトになるので
 インパクトゾーンが直線的になる

・シャフトがしなりにくいのでインパクトが安定する

などなど他にもいくつか理由がありますが、、、

スライスに悩んでいる場合も有効な方法です。
短く持つことでフェースが返りやすくなります。

ドライバーを短くもつと「最大飛距離」は少し落ちますが
方向性は大幅にアップします。

(ミート率が上がるので「平均飛距離」は伸びるケースが多いです)


(2)「目を閉じて素振り」でスイングをリセットする

「もっと飛ばそう!」と100%以上のフルスイングを
何回も続けるとショットが不安定になってきます。

不安定になったスイングを安定させる
簡単な方法があります。

「目を閉じて素振り」です。

「目を閉じて素振り」でショットを安定させる方法を
こちらで紹介しています。

「目を閉じて素振り」でショットを安定させる方法


(3)重心移動をおさえる

アドレスではないですが、バックスイングの始動でも
スイングが不安定になっている方が多いのでご紹介します。

ここも動きがゆるやかなので、
直しやすい部分です。


飛ばそうとして、体を左右に動かしすぎてはダメです。

右膝が右に流れないようにアドレスからインパクトまで
右膝が正面を向いた状態を保つとスイングが安定します。

軸がぶれないので飛距離が伸びます。
ショットが安定します。

右足の内側で体重をうけるイメージです。
外側に体重がのったら動きすぎです。

こちらの記事も参考にして下さい。

体重移動をやめてスイングを安定させる方法

 * * *

ティーショットを曲げない3つの方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ドライバーを短く持つ
(2)「目を閉じて素振り」でスイングをリセットする
(3)重心移動をおさえる


ティーショットが安定すると
大幅なスコアアップを期待できます。

参考になれば幸いです!