driver7

FROM:アオイ
札幌の自宅より

『なぜ、女子プロは小柄なのに飛ぶのか?』

と疑問に思ったことはありませんか?

女子プロゴルファーの
ヘッドスピードの平均値は
約40m/s。

実は、一般的な男性アマチュアと
殆ど同じです。

しかし女子プロは、男性アマチュアより、
30ヤード遠くに飛ばします。

「なぜ、女子プロは飛ぶのか?」

理由はいくつかあるのですが、
大きな違いは

「芯」で打てているかどうかです。

ヘッドスピード40m/sの女子プロが
240〜250ヤードも飛ばしているのは、
芯でボールをとらえているから。

ということで今日は
「ドライバーの飛ばし方(クラブの芯でボールを打つ方法)」
をシェアします。


■最新のドライバーは「芯」で打つと一番飛ぶ

「クラブフェースの上の方でボールを打つと飛ぶ」
と聞いたことはありませんか?

メルマガ読者さんにはベテランゴルファーの方が多いので
あなたも聞いたことがあるかもしれません。

以前のクラブはフェースの上の方でボールを打つと
バックスピンが減り、飛距離がでるケースがありました。

「ギア効果」と呼ばれる現象です。

最近のドライバーとボールは進化しています。

反発力の高いフェースの真ん中で打つと
最大の飛距離がでるようになっています。

安心して「芯で打つ」を目指しましょう。


■ドライバーの飛ばし方(クラブの芯でボールを打つ方法)

自分の現状を正確に知ることが、
飛距離アップの第一歩です。

まずは、芯で打てているか、
ショットマーカーでチェックします。

「芯」を外したケースを4つに分類すると、
こうなります。

・ヘッドの上側
・ヘッドの下側
・ヘッドのトゥ側(先)
・ヘッドのヒール側(シャフト側)

それぞれに対策をご紹介します。


(1)ヘッドの上側

ティーアップが「高すぎる」可能性があります。
低めのティーアップを試してみましょう。

ボールが高くあがるので、
すくい打ちをしているように感じるかもしれませんが、
打ち込んでいる可能性が高いです。

ボールの位置が「右すぎる」可能性もあります。
ボールの位置を左に移動して打ってみましょう。


(2)ヘッドの下側

ボールを上げようとして、
アッパーに打とうとしている人に多いです。

「低いボールを打つ」
を意識してボールを打ってみましょう。

また、ボールの位置が「左すぎる」と、
クラブの下側にボールがあたります。

ボールの位置が左すぎるという人は、
少ないですが、念の為にボール位置も確認して下さい。


(3)ヘッドのトゥ側(先)

アドレスで「ボールが遠すぎる」
可能性があります。

ボールの位置を確認しましょう。

インパクトで、
左ひじが引けている可能性もあります。


(3)ヘッドのヒール側(シャフト側)

アドレスで「ボールが近すぎる」
可能性があります。

ボールの位置を確認しましょう。

 * * *

今回の対策が全ての人にあてはまるわけではありません。

芯で打つために一番簡単な
「ボールの位置で調整」をご紹介しました。

「芯」で打てるとヘッドスピードはそのままで
飛距離が伸び方向性が安定します。

クラブの進化やスイングの変化により
最適なボール位置はかわります。

定期的にチェックしてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです!