golf_josei2

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「スウェーと体重移動って何が違うのか?」


先日の「芯でボールを捉える方法」
という記事が好評でした。

この記事を読んだ読者さんから
こんなご相談を頂きました。

=====================

体の一軸を中心に回転するスイングする
お話は大変理解できました。

ただ実践すると右に体重が残り
プッシュ球が増えてしまいます。

スウェーと体重移動の違いを教えて下さい。

=====================


スウェーと体重移動は似ていますが
まったく違います。

重要なポイントなのですが
教えてくれる人は少ないです。

スウェーと体重移動の違いを知る事で
スイングが安定します。

大幅な飛距離アップを期待できます。

ということで今日は
「スウェーと体重移動って何が違うのか?」
という話をします。


■スウェーと体重移動って何が違うのか?

簡単に言いますと

体全体が左右に大きく動いてしまうのが
「スウェー」です。

上半身の回転を下半身で受け止めているのが
「体重移動」です。


「バック・スイングで体重が右足に移動するのは
腰と肩が右に回転するからであって、
腰と肩が右に移動するからではないのだ。」


といったのはディック・メーヤー。


肩と腰を右に「移動するのではない」、
「回転させる」というのがポイントです。

もう少し詳しくお話ししますね。


(1)スウェー

体全体が左右に大きく動いてしまうのが「スウェー」です。

スイング軸が左右にブレてヘッドが走りません。

軸のないコマです。

軸がブレて、アイアンではダフリやすくなります。

ドライバーは芯を外しやすくなります。

フックやスライスの原因にもなります。

頭を動かさず、腰だけが左右に動くと
リバースピボットになります。

腰が移動すると肩の回転が不十分になります。
(腰が肩の回転を邪魔するからです)

バックスイングでパワーがたまりません。

スウェーは「スイング最大の敵」なのです。

体重移動を意識して行うと
スウェーになりがちです。

スウェーを防止して飛距離を伸ばす方法を
こちらで紹介しています。

スウェーを防止して飛距離を伸ばす方法


(2)体重移動

上半身の回転を下半身で受け止めているのが
「体重移動」です。

飛ばすために体重移動は必要です。

重要なのは「右股関節で力を受けとめること」です。


・アドレスで股関節から前傾する

・バックスイングで右足と地面の角度を変えない

を意識すると良いです。

バックスイングで右足と地面の角度を変えないために
下半身のトレーニングをするプロも多いです。



■トッププロもスウェーに悩んでいる

「スウェーなんて初心者のミスでしょ・・・」

「オレは大丈夫だよ」

って思うかもしれませんが
油断大敵です。

どんなに上手い選手でも気づかないうちに
スウェーになっている事があります。

特にラウンド後半で疲れてくると
スウェーになりやすいです。

アマチュアとプロでは程度の差がありますが
トッププロでも調子が悪いときスウェーになります。

イ・ボミ選手も
「調子が悪いときにはスウェー気味になりフックが出る」
と言っています。

この動画の1分27秒あたりで、
そのようにコメントしています。





もしあなたが「ショットが安定しない」「飛ばない」
と悩んでいるなら

気づかないうちにスウェーになっている
可能性もありますよ。

***

「スウェーと体重移動って何が違うのか?」を
ご紹介しました。

トッププロもスウェーにならないように
注意しています。

あなたも気づかないうちに
スウェーになっていませんか?

スウェーはスライス、フック、ダフリなど
あらゆるミスの原因になります。

スウェーを直すとショットが安定して
力強いスイングができますよ。

「自分は大丈夫」と思わないで
ぜひ定期的にチェックしてくださいね。

参考になれば幸いです。