rahu1


FROM:アオイ

想像してください。

あなたは真夏のゴルフ場でラウンドをしています。

ミドルホールのティーショットで
フェアウェイを少し外しました。

ボールは深いラフに止まりました。

ラフにすっぽりと埋まっています。

グリーンセンターまで170ヤード。


この「深いラフ」からのショット。
あなたは「どんなショット」を打ちますか?




勉強熱心なあなたもご存知のとおり
夏のゴルフは芝が伸びています。

夏はラフからのショットが難しくなります。

ラフ対策を知っていると
スコアを崩さずにすみます。

ということで今日は
「ラフからのショットを成功させる方法」
をシェアします。


■ラフの状況を確認

ラフ対策で一番重要なのは
「状況をよく確認する」です。

・芝の密集度
・ボールの沈んでいる度合い
などボールの状況をよく確認しましょう。

rahu3


芝の抵抗によりクラブを変える必要があります。


「芝の抵抗」を知るために一番簡単なのは
「素振りをする」です。


ボールの近くのラフで「素振り」をすると
芝の抵抗がわかります。



■状況にあわせた攻略

(1)芝の抵抗が強い時はショートアイアンで刻む

ロングアイアンは芝の抵抗に負けやすいです。

素振りをして芝の抵抗が強いようなら
無理をしない方が良いです。

無理をすると、もう一度ラフにボールが止まったり
距離が足りずにバンカーに入ります。

芝の抵抗が強い時はショートアイアンで刻みましょう。

「フェアウェイにボールを戻す」を優先すると
大叩きを防げます。


(2)フェアウェイウッドはラフから打ちやすい

フェアウェイウッドはラフからでも
打てるケースは多いです。
fw3

アイアンに比べてフェアウェイウッドは
ソールが滑りやすいからです。

距離が残っている場合はファウェイウッドで素振りをして
打てそうか確認しましょう。

「ラフは難しいから刻む」という考えも良いですが、、、

抵抗がそれほど大きくないなら
「フェアウェイウッドで攻める」のもありです。


 * * *

ラフからのショットを成功させる方法を
ご紹介しました。

・ラフの状況を確認する
・抵抗が強い場合はショートアイアンで刻む
・フェアウェイウッドはラフから打ちやすい

状況にあわせてクラブ選択をすれば
スコアを伸ばせますよ。

参考になれば幸いです!