club_iron1

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「軽いクラブに変えたらゴルフが下手になった・・・」

そんな経験ありませんか?

もしかすると現時点で「最近、クラブを変えて不調になった」
と悩んでいるかもしれませんね。

実は多くのゴルファーが同じ悩みを持っています。

ということで今日は
「なぜ軽いクラブを使うとゴルフが下手になるのか?」
をシェアします。


■なぜ軽いクラブを使うとゴルフが下手になるのか?

(1)軽すぎるクラブは「アンダースペック症候群」の原因

もし「軽いクラブ」に変えて不調になったなら、、、

「アンダースペック症候群」の可能性が高いです。

「アンダースペック症候群」とは
"やさしすぎる"クラブを使い続けてスイングが悪くなる症状です。


"やさしすぎる"クラブを使い続けると
スイングが徐々に手抜きになります。

ドライバーを軽いものに替えると最初は飛距離が伸びます。

しかし、軽さに慣れてくると軽いクラブに合わせて
無意識に「楽に」振るようになります。

いつの間にか元の飛距離に戻ってしまうケースが多いのです。

手打ちになってスイングが不安定になるケースもあります。

クラブに重さがあるとボールや芝の抵抗にまけません。

クラブが重いほどスイング軌道が安定します。

クラブが重いほどトップが大きくなりやすいです。
(クラブの重さでトップが深くなる)

クラブが軽くすると「打ち急ぎ」になりやすいです。

クラブが軽くなると一次的に飛距離が伸びますが
ショットは不安定になる危険があるのです。


(2)最初は飛距離が伸びたけど・・・

「アンダースペック症候群」の怖いのは
「最初は調子が良い」からです。

軽いクラブはヘッドスピードがあがります。

ゴルフショップで数値を比べると
あきらかに前のクラブよりも飛距離がでる。

でも、、、しばらくするとクラブの重さにあわせてスイング変わる。
飛距離が元に戻ってしまうのです。

しかもスイングが不安定になるケースも多い・・・怖いですね^^;


(3)振れる範囲で重たいクラブを使う

解決策はシンプルです。

「振れる範囲で重たいクラブ」を使いましょう。

もし「軽すぎて不調になったかも」という場合は
「リシャフト」や「鉛をはる」がオススメです。

ゴルフショップに相談するのも良いです。

鉛を張るのは簡単で安いです。
はがせば元に戻せるので安心です。


 * * *

なぜクラブに変えるとゴルフが下手になるのか
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)軽すぎるクラブは「アンダースペック症候群」の原因
(2)最初は飛ぶけど、しばらくすると元に戻る(ショットは不安定になる)
(3)振れる範囲で重たいクラブを使う

これを知っていないために
スランプに悩んでいるゴルファーは多いです。

ゴルフクラブの重さはスイングやリズムに
大きな影響を与えます。

あなたのクラブは軽すぎませんか?

そのためにミスショットが出ているかもしれません。

「振れる範囲で重たいクラブ」を使いましょう。

参考になれば幸いです!



■追伸

メルマガ読者さんにも
「クラブを買い替えたら不調になった」
という方は多いようです。

今回の記事が参考になれば嬉しいです。