club_iron1
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「体格や身長にあわせたクラブの選び方とは? 」

メルマガ読者さんから質問を頂きました。

===================
日によって球筋にバラツキがひどいです。

友人に「クラブを買い換えたら?」とよく言われます。

私は身長185cm体重80kgです。
かなり大柄なのですがアイアンがカーボンシャフトです。

鉄シャフトに買い換えるべきでしょうか?
===================



自分にあったクラブを使うと
ゴルフは上達が早くなります。

ミスショットをある程度カバーしてくれるので
スコアも良くなります。

あなたの役にも立つと思いますので
「体格や身長にあわせたクラブの選び方」
をご紹介します。


■体格や身長にあわせたクラブの選び方

(1)クラブの長さは身長に比例しない

身長とクラブの長さを比例しません。

プロでも身長に関係なく
クラブの長さは大体同じぐらいです。

一般的に身長が高くなると
腕も長くなるからです。

ドライバーは44〜45インチが主流です。

クラブが長いと最大飛距離はのびますが
ショットが不安定になりやすいです。


(2)アイアンのライ角は要確認

クラブの長さは市販のクラブで問題ないですが
アイアンのライ角には注意が必要です。

日本製のアイアンは平均身長の170センチくらいに
あわせた製品が多いです。

海外製クラブの多くは身長が高めの人にあわせて
作成されています。
(平均身長が日本人よりも高いため)

ライ角を調整できるクラブも多いです。
お店で相談して下さい。

アイアンのライ角についてはこちらで紹介しています。
参考にして下さい。

アイアンのライ角があわないとどうなる?



(3)軽すぎるクラブに注意

最近のドライバーは軽いクラブが多いです。

なぜかというとヘッドスピードが出るからです。

軽いドライバーにすると最初は飛距離が出ます。

お客さんが喜ぶのでゴルフショップの方も
軽いクラブをすすめるケースが多いようです。

軽いクラブを使うと最初は飛距離が出るのですが
徐々に飛距離が落ちてショットが安定しなくなるケースがあります。

軽いクラブを使うと手打ちスイングになりやすいからです。

手打ちスイングになるとショットが安定しませんし
飛距離も落ちてしまいます。

「ショットがばらつく」という場合は
クラブが軽すぎる可能性も高いです。

振りきれる範囲で重いクラブがおすすめです。

重さのあるクラブなら
体の大きな筋肉を使うので再現性がたかまります。

重さのあるクラブはボールや地面の抵抗に負けなくなるので
ショットが安定します。

18ホールまわっても余力がある程度の重さが良いです。

軽いクラブを使う危険性についてこちらで紹介しています。

最新ドライバーを使うとゴルフが下手になる?



(4)重さのあるクラブはスイングを育てる

ドライバーと同じようにアイアンも
「振り切れる範囲で重いクラブ」
がオススメです。

鉄シャフトに買い換えるべきか?

という悩みについては

技術の進歩により
「重いカーボンシャフト」、「軽いスチールシャフト」
があるのでどちらが良いとは言い切れません。

カーボンとスチールでは打感が違うので
試打をして好みのシャフトを選べば良いでしょう。

体力があるのにアイアンに軽すぎる
カーボンシャフトを使っているゴルファーは多いです。

もったいないと思います。

軽すぎるシャフトはスイングを緩めてしまう。

自分の適正より少し重いシャフトはスイングを育ててくれる。

重いシャフトは手打ちができない。
だから身体を効率的に使うスイングが身につく。

今の自分の実力より少しだけ重いシャフトを
使ってみてはどうでしょうか?

メリットは2つあります。

・安定したスイングになる。
・より良いスイングに自然と改善される

軽過ぎるシャフトはデメリットが多いです。
ご注意下さい!

値段が気になるという場合は、、、

「中古クラブ」「去年の型落ち」にすると
値段は大幅にさがります。

技術の進歩は早いですが、去年と今年のモデルで
性能面でそれほど大きな差はありません。


 * * *

体格や身長にあわせたクラブの選び方を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)クラブの長さは身長に比例しない
(2)アイアンのライ角は要確認
(3)軽すぎるクラブに注意
(4)重さのあるクラブはスイングを育てる

自分にあったクラブを使うと
ゴルフは上達が早くなります。

参考になれば幸いです!

あなたがもっとゴルフを楽しめますように!