situnai3
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「あらゆるレベルのゴルファーにとって、
 最も重要なショットはアプローチである」

といったのは「プロより強いアマチュア」と称された
中部銀次郎です。

熱心なあなたならご存知のとおり
アプローチはスコアアップの要。

アプローチの重要性をしっていて、
練習をたくさんしている方は多いのですが、

アプローチの「距離感」に比べて、
「方向性」は軽視されがち。

アプローチは距離感も重要ですが
方向性も重要です。

アプローチの方向がズレると
距離がピッタリでも長いパットが残ります。

アプローチの方向がピッタリと合えば、
カップ近くにボールを運べます。

どうすれば
アプローチの方向性は良くなるのか?

ということで今日は
「アプローチの打ち方(方向性をアップする方法)」
をシェアします。


■アプローチの打ち方(方向性をアップする方法)

自宅で出来る練習方法です。


(1)パターマットを準備

パターマットとゴルフボールを使います。


(2)A/Wを使用

パターマットに置いたボールをAWで打ち
チップインを狙います。


(3)連続チップインを狙う

「2mの距離から3球連続でチップインするまで練習する。」

というように決めて練習すると継続しやすいです。

距離の短いアプローチというのは
難易度が高いです。

振り幅が小さいので
手先で振ると打点が安定しません。

短いアプローチをキッチリと打てるようになると
距離の長いアプローチも簡単になります。

2m先のカップにアプローチショットで
カップインするには

打点、クラブの軌道、フェース面を
安定させる必要があります。

アプローチの方向性が大きく向上します。

20ヤード、30ヤードと距離が大きいときは、
ふり幅を大きくするだけです。


「パターマットを使って、
 2mのアプローチの練習をする」

地味な練習ですが効果は保証します。

これを日課にすれば
大幅なスコアアップを期待できますよ!




■追伸

「どんな記事がメルマガ読者さんの役に立つのか?」
といつも考えています。

ラウンドをしていても
「あ、このテーマについてメルマガで書こう!」
と自分のゴルフに集中しきれません^^;

今回の記事が少しでもお役にたてば嬉しいです。

あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!