golfer3
FROM:アオイ
東京のカフェより、、、


もしあなたが

「後ろの組が気になってスコアが崩れる・・・」

「スロープレーを注意するとスコアが崩れる・・・」


と悩んでいるなら
今回の記事が参考になるでしょう。

「急がされるのは嫌だ」という方も多いです。

楽しくラウンドをしたい気持ちはよくわかります。

ベストを尽くしたいので
慎重にプレーしたい気持ちもわかります。

ただ、細かいことを気にして
慎重すぎるプレーより、

リズムよく打っていくゴルフの方が
スコアが良くなります。

スロープレーはコツを知っていれば
簡単に防止できます。

ということで今日は
「スコアが良くなるスロープレー防止のコツ」
をシェアします。


■スコアが良くなるスロープレー防止のコツ

あなたはすべて実践できていますか?

「知っている」ではなく
「実践している」というのがポイントです。

全てを実践できていたら
スロープレー防止の達人です!


■スロープレー防止チェックリスト

[ ] 余裕をもってスタートホールに行く
[ ] 自分の実力にあわせたティグラウンドでプレーしている
[ ] コースレイアウトを教えあう(打つ番になる前に確認しておく)
[ ] ボールを打つ以外の人も、ボールの落ち場所を見てあげる
[ ] ミスショットしたらクラブを数本もって移動
   (使う可能性があるクラブを持つ)
[ ] ボールは2個以上持ち歩く
[ ] ヤーデージ表示方法を確認しておく
[ ] 前の組の位置を把握している(打ち込み防止、遅延防止)
[ ] ボールの止まった場所を最後まで確認する
  (簡単に見つかりそうなラフでも、見つけるのに時間がかかる場合がある)
[ ] ボールが曲がって林に入ったとき、木の形などを覚えて、      
   できるだけ正確な位置を確認しておく
[ ] ボール探しを手伝う(すぐには打つ番にならない人が手伝う)
[ ] ボールを全員で探さない(自分のボールを打つのが優先)
[ ] 他のプレーヤーの状況を把握している
   (自分の番になったらスムーズに打てます)
[ ] クラブ交換は、カートに乗っている人が補助してあげる
[ ] カートは安全な範囲で、できるだけ前に移動する 
   (カートは歩くより遅いことが多い)
[ ] 予備ボール、ティーペッグは取り出しやすい位置においておく
[ ] グリーン上でスコアをつけない
[ ] グリーンに近づいたら、アプローチ用クラブとパターを持っていく
[ ] カートをグリーン脇に止めた人はパターをまとめて持っていく
[ ] 苦労しているプレーヤーを補助する(バンカーならしを手伝うなど)
[ ] ピンはカップに近いプレーヤーが持つ、抜く
[ ] 最初にホールアウトした人がピンを持つ
[ ] ホールアウト後、クラブをしまわずに移動
[ ] ボールを探す時間を短くする(最大でも5分)
[ ] リズムよく歩く(走るのはミスショットにつながります)


全てのコツをマスターすれば
急がずにプレーしてもハーフ2時間以内で
ラウンドできます。

ゴルフをはじめて間もない人には
スコアアップだけでなく

スロープレー防止のコツも
教えてあげてください。

困っていたらプレーをサポートしてあげてください。

進行がスムーズになります。

スロープレーを防止すると
余裕をもってプレーができます。

スコアアップにつながります。

参考になれば幸いです!



■追伸

このチェックリストを使って
お友達と実践個数を競争してみてください。

特にプレーが遅くなりがちな人に
「どちらが多くできているか勝負しよう」
と情報をシェアして下さい。