golf_josei2

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「ゴルフの神はアドレスに宿る」

といったのは「プロより強いアマチュア」と称された
中部銀次郎です。

熱心なあなたならご存知のとおり
ショットを安定させるはアドレスが大事。

アドレスの重要性を知っている方は多いのですが、

アドレスの「スタンス幅」は軽視されがち。

スタンス幅が変わるとスイングが変わります。

スタンス幅が狭すぎると
飛距離が落ちる。

スタンス幅が広すぎると
ミスショットになる。

最適なスタンス幅でスイングすれば
飛んで曲がらないボールを打てます。

ただ、、、理想のスタンス幅には個人差があります。

どうすれば「飛んで曲がらないスタンス幅」
が見つかるのか?

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(飛んで曲がらないスタンス幅の見つけ方)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(飛んで曲がらないスタンス幅の見つけ方)

理想のスタンス幅は「肩幅程度」と言われています。

ただ、、柔軟性、体格、筋力などで個人差があります。

簡単に理想のスタンス幅を見つける方法があります。


(1)素振りをします

ボールを打たなくてもいいです。


(2)標準の肩幅からチェック開始

スタンスが広いと下半身が安定します
広すぎるとスイングがスムーズにできません。

標準の肩幅からスタートして微調整します。

チェックポイントは2つ。

・スムーズに振れるか?
・フィニッシュでピタッと止まれるか?



(3)スムーズに振れない場合は「スタンスを狭く」

スムーズに振り切れない場合は
スタンスが広すぎます。

少しスタンスを狭くしましょう。

スタンス幅を狭くすると回転をしやすくなります。

ただし狭くしすぎると下半身が不安定になります。


(4)スムーズに振れる場合は「スタンスを少し広げる」

スムーズにスイングできて
フィニッシュも「ピタッ」と止まれるなら

少しだけスタンスを広げましょう。

スタンスを広げるほど下半身が安定します。

広げすぎるとスイングがスムーズにできなくなります。

スムーズにスイングができて
フィニッシュもピタリと止まれる。

スムーズに振れる範囲で広めのスタンス幅を見つけましょう。

 * * *

飛んで曲がらないスタンス幅の見つけ方をご紹介しました。

「最適なスタンス幅でスイングする」

言われれば当たり前ですが
とっても重要です。

最適なスタンス幅でスイングすれば

ショットが安定して
飛距離も伸びますよ!



■追伸

「どんな記事がメルマガ読者さんの役に立つのか?」
といつも考えています。

スタンス幅は重要ですが地味なテーマです。
地味なテーマなのでゴルフ雑誌で紹介される機会も少ないです。

今回の記事が少しでもお役にたてば嬉しいです。

あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!