dahuri2
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「アイアンが左右にぶれて、パーオンできない」

「寄せワン狙いのゴルフはつまらない・・・」


と悩んだ経験はありませんか?

寄せワンでスコアをまとめるのも良いですが

やはりパーオンをして
バーディーを狙うゴルフは面白いです。

ではどうすればパーオンを増やせるのでしょうか?

ということで今日は
「パーオンできるアイアンの打ち方」
をシェアします。


■パーオンできるアイアンの打ち方

パーオンするには
「ドライバーの飛距離が大事」
と思うかもしれません。

確かに正しい考え方です。
セカンドショットで短いクラブを使えますから。

ただ、、、もう1つ重要な事があります。

「アイアンで狙った方向に打てる」
というスキルです

アイアンショットが左右にブレると
パーオンができなくなります。

グリーンの左右にあるバンカーにつかまり
スコアをくずしやすいです。

狙った方向に正確に打てると
バンカーにつかまる回数が減ります。

パーオンが増えてスコアが良くなります。

狙った方向に正確に打つには
重要なポイントが2つあります。

「アドレス」と「バックスイングの始動」です。


(1)狙った方向にスクエアな「アドレス」をする

アドレスの向きが間違っていて
狙った方向に飛ばないと悩んでいる方は多いです。

目標の「右を向いているゴルファー」が多いです。

アドレスの向きが悪いので
ショットが良くてもパーオンしません。

もったいないです。

狙った方向に正しくアドレスする方法を
こちらの記事で詳しく紹介しています。

【保存版】アドレスで右を向かない3つの方法


(2)手首の動きをおさえた「バックスイングの始動」

ショットを安定させるために重要なのが
「バックスイングの始動」です。

アドレスからテークバックを開始して
クラブヘッドが20cmほど動くまで。

この小さな動きがとっても大切。

バックスイングの始動でコック(手首の動き)を使うと
フェースの向きが不安定になります。

「手首の形をキープしたままバックスイングを始動する」
がオススメです。

テークバックは動きが小さいので
軽視されがちですが大切ですよ。

上手な人ほど「アドレス」と「バックスイングの始動」を
重視しています。

「手首の形をキープしたままバックスイングを始動する」
を試してみませんか?

インパクトでのフェースの向きが安定します。

アイアンで狙った場所に
ボールを打てるようになりますよ。

 * * *

パーオンできるアイアンの打ち方を
ご紹介しました。

・狙った方向にスクエアな「アドレス」
・手首の動きをおさえた「バックスイングの始動」

「アドレス」と「バックスイングの始動」は
動きが遅いので直しやすいです。

アイアンを狙った方向に正確に打てると
パーオンが増えてバーディーを狙えます。

バーディーを狙えるゴルフは面白いです。

大幅なスコアアップも期待できます。

「狙った方向に打つ」
を軽視しているゴルファーは多いです。

もしあなたが
「狙った方向に打つ」
を軽視しているなら、、、

そこにあなたのゴルフの
レベルアップのヒントがあるかもしれません。

あなたは「狙った方向に打つ」を軽視していませんか?



■追伸

パーオンを増やすには
「アイアンを狙った方向に打てるスキルが大事」
という話をしました。

熱心なあなたもご存知のとおり
ドライバーの方向性も大事です。

セカンドショットをフェアーウェイから打てないと
パーオンは難しくなりますから。

もしあなたが
「狙った方向に打つ」
を軽視してきたなら、、、

「狙った方向に打つ」という練習を
してみてはいかがでしょうか?