josigorufa
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「アイアンが左右にぶれて、パーオンできない」

「寄せワン狙いのゴルフはつまらない・・・」


と悩んだ経験はありませんか?

寄せワンでスコアをまとめるのも良いですが

やはりパーオンをして
バーディーを狙うゴルフは面白いです。

ショットが左右に曲がると
パーオンが少なくなります。

左右のブレを少なくするには
どうしたら良いのか?

オススメのドリルがあります。

イ・ボミ選手がジュニア時代に
毎日100回していたドリルです。

ということで今日は
「イ・ボミ選手が毎日100回していたスイングドリル」
をシェアします。


■イ・ボミ選手が毎日100回していたスイングドリル

(1)ショットが左右に曲がる理由

ショットが左右に曲がる原因は
いくつかありますが

「ボディーターンが安定していない」
も可能性の1つです。

スイングを安定させるには
クラブ軌道を安定させる必要がありますが

スイング軌道の土台となる
胴体の回転(スイング軸)が
ブレている可能性があるわけです。


(2)両腕をクロスさせてボディーターンドリル

正しいボディーターンを身につけるには
どうしたら良いのでしょうか?

このドリルがおすすめです。

「胸の前で両腕をクロスさせて
上半身を左右に回転させる」


イ・ボミ選手はこのドリルをジュニア時代に
毎日欠かさず100回していたそうです。


(3)シンプルだから悪い動きがすぐわかる

「胸の前で両腕をクロスさせて
上半身を左右に回転させる」

このドリルはシンプルです。

シンプルすぎて馬鹿らしく
感じるかもしれません。

でも、、、

効果はバツグン。

ボールも打たない。
クラブも持たない。
腕も振らない。

シンプルだからこそ
重要なポイントをチェックしやすいです。

・アドレスで肩、腰、足のラインは平行になっているか?
 (コレ、かなり重要です)

・バックスイングで腰が右に流れていないか?
 (スウェーしていないか?)

・トップで下半身と上半身は十分にねじれているか?
 捻転の「きつさ」がパワーの源です。

・アドレスからフォローまで前傾姿勢をキープできているか?
 
などなど、、、

クラブを振らないことでチェックポイントを
ボディーターンに限定できます。

ボディーターンを正しくできてはじめて
クラブをオンプレーンに振る土台ができます。


 * * *

イ・ボミ選手がジュニア時代に毎日100回していたドリル
をご紹介しました。

ショットが安定しないと
「常にアプローチとパットでスコアをまとめる」
という少し苦しいゴルフになります。

ショットの左右のブレが少なくなると
パーオンが増えます。

ショットが安定してパーオンが増えると
バーディーを狙えるゴルフが出来ます。

バーディーを狙えるゴルフは
スコアも良くなりますし

なによりゴルフが楽しいです。

参考になれば幸いです!

あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!