fb_apr1
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「アプローチですくい打ちになっていませんか?」

アプローチのミスは
スコアダウンに直結します。

・アプローチで「ダフル」
・アプローチで「トップ」になる

こんな症状がある場合は、
すくい打ちをしている可能性が高いです。

アプローチのすくい打ちを直すには
どうすれば良いのでしょうか?

ということで今日は
「アプローチのすくい打ちを直す方法」
をシェアします。


■アプローチの自信が心のゆとりを作る

アプローチに不安があると

「セカンドショットでグリーンを外せない」

というプレッシャーが強くなります。


アプローチに自信があると

「グリーンを外してもアプローチで挽回すれば良い」

と心理的にゆとりが生まれます。

心のゆとりがセカンドショットの
成功率も高めてくれます。


■アプローチのすくい打ちを直す方法

アプローチのミスが多くなる
主な原因の1つが「すくい打ち」です。

なぜアプローチで
すくい打ちになるのでしょうか?

いくつか理由はありますが、、、

「ボールを上げたい」という気持ちが
すくい打ちの原因の1つです。

すくい打ちを直す方法について
面白い話があるのでご紹介します。


「ゴルフグリーンブック」という著書からご紹介します。
(素晴らしい本です。ゴルフが好きな方にオススメです。)

=========================

ハーヴィーは多くのゴルファーをレッスンしていました。

ハーヴィーはトム・カイトやベンクレショーを育てた
伝説のレッスンプロです。

彼のレッスンは評判が良くて、
遠方から彼のレッスンを受けにくるゴルファーが沢山いました。

その日も、

オハイオ州のどこかから、
1人の男性が車を飛ばしてオースチンまで
アプローチのレッスンを受けに来た。


ハーヴィーは彼にチップショット(低く転がすアプローチ)の
基本を教えます。

・両手はボールより先(あるいは真上)

・クラブフェースはいつもより目標に真っ直ぐ送りだす


それからハーヴィーは
ロッカールームからベンチを取り出して
グリーン脇に置きます。


「さあて、これでボールを打ってみて」

「ボールがベンチの下を通って、
 グリーンに転がっていくようにね」

「30分ほどしたら戻ってくるから」

そう言ってハーヴィーはその場を離れます。

ハーヴィーが戻ってきた時
男性は熟練したプレーヤーのように
チップショットを打っていました。

「それですよ、あなたはアプローチが得意になる」

その後、男性はアプローチの名手になり、
友人の間で大変評判になりました。

=========================

このエピソードにアプローチ上達のヒントがあります。

すくい打ちを直すには「低いボールを打つ」
というイメージがオススメです。

ボールはクラブが上げてくれます。

「低いボールを打つ」というのは
イメージしにくいかもしれません。

アプローチをするときに目の前に仮想のベンチを
イメージしてはいかがでしょうか?

「仮想のベンチの下を通してグリーンを転がす」

アプローチのすくい打ちを防止できますよ。

アプローチのミスは
スコアダウンに直結します。

アプローチのミスを減らすと
すぐにスコアが良くなりますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

アプローチついてこんな名言があります。

===========================

一週間やそこらで、スコアを5つぐらい縮めるような
急激な進歩を遂げたいと思うなら、
まずは練習方法を根本から変えなければならない。

2週間、練習時間の90%をチップショットとパットに費やし、
残りの10%だけをフルスイングにすることです。

こうすれば95のスコアは必ず90になるはずです。
私が保証しましょう。

===========================

レッスンの神様と呼ばれた、
ハーヴィー・ペニックの言葉です。




■追伸2

芝の上でアプローチ練習する機会が少ないなら、
こちらがオススメです。

芝の上で練習する機会が少ない、
日本人ゴルファー向けのアプローチ上達プログラムです。

練習場のマットの上でもアプローチを上達できるプログラムはこちら