betapin
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

上手いプレーヤーは
3パットが少ないです。

3パットが少ないのは
「ラウンドに慣れている」
ということもありますが、

3パットを減らすコツがあります。

当たり前のことですが、
3パットを減らした分だけ
スコアが良くなります。

ということで今日は
「3パットを減らすグリーンの狙い方」
をシェアします。


■3パットを減らすグリーンの狙い方


(1)難しいラインを残さない(上りパットを残す)

パット数を減らすために重要なことは

「難しいラインを残さない」

ということです。

上りのパットと下りのパットでは
難易度がまったく違います。

「50cmの下りパットより
 3mの上りパットの方が安心して打てる」

というプロもいます。

上りパットはラインがあっていれば、
タッチが強めでもカップに届きさえすれば、
カップインします。

下りパットは、
ラインとタッチの両方が合っていないと
カップインしません。

パット数を減らすには
「下りラインを残さず、
 上りラインを残すことが重要」



「上りパットの扇に入れる」というイメージです。
hannkei


(2)「グリーンエッジまでの距離」と「ピンまでの距離」を確認

どうすれば上りのパットを残せるのか?

ピンまでの残り130ヤードだとします。

「グリーンエッジまでの距離」と「エッジからピンまでの距離」
を確認しましょう。

エッジまでは110ヤード
エッジからピンまで20ヤード

受けグリーンで上りのパットを残すには
狙うべきは「110−130ヤードの間」です。

120ヤードのクラブで打てば
少しショートしてもグリーンに残ります。

上りのパットが残るようになります。

少し強めに打ってもピンの近くです。

実際は

「使うクラブ」
「バンカーの配置」
「ショットの技量」

などによって狙う場所はかわりますが、、、

いずれにしろ
「グリーンエッジまでの距離」と「エッジからピンまでの距離」
は確認しましょう。

グリーンのどこを狙うかで
スコアは大きく変わりますよ。

 * * *

3パットを減らすグリーンの狙い方を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)難しいラインを残さない(上りパットを残す)
(2)「グリーンエッジまでの距離」と「ピンまでの距離」を確認


ショットの実力は同じでも
「グリーンのどこを狙うか?」
でパット数は変わります。

パット数が減るとスコアが良くなります。

参考になれば幸いです!



■追伸

「ショートゲームの練習こそスコアを5つ縮める方法」
と言ったのはハーヴィー・ペニック。

もしあなたが「3パットが多い」と悩んでいるなら
アプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因は
「ファーストパットの距離が長いから」です。

アプローチでピンに近づければ
3パットを減らせてスコアが良くなります。

あなたはどう思いますか?