golf_josei2
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「ドライバーの飛距離を伸ばすコツとは?」

今回の記事は短いです。

ですが、

もしあなたが「ドライバーの飛距離がでない」と
悩んでいるならお役に立てるでしょう。


勉強熱心なあなたならご存知だと思いますが、
ゴルフは飛距離が出る方が有利です。

とくに芝の薄いこの時期は
飛距離を出せるとスコアがよくなります。

ラフが短いのでラフに入っても
大きなトラブルになりにくいからです。

ということで
「ドライバーの飛距離を伸ばす2つのポイント」
をご紹介します。

ドライバーの飛距離を出す方法を2つ厳選しました。


■ドライバーの飛距離を伸ばす2つのポイント

(1)右足の角度をキープ

飛ばそうとして、体を左右に動かしすぎてはダメです。

バックスイングで右膝が右に流れないようにしましょう。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アドレスからインパクトまで
右膝が正面を向いた状態を保ちます。

するとスイングが安定します。

軸がぶれないので飛距離が伸びます。
ショットが安定します。

右足の内側で体重をうけるイメージです。
外側に体重がのったら動きすぎです。

バックスイングで右足と地面の角度を変えないために
下半身のトレーニングをするプロも多いです。


(2)肩を充分にまわす

バックスイング時の「捻転」を大きくすると
飛距離がアップします。


捻転を大きくするにはいくつか方法があります。

・肩の力をぬく
・ゆっくりとバックスイングをする
・右肩を後ろに引く

右肩を後ろに引くと
いつもより深く捻転できます。

「肩甲骨を背骨に近づける」という
イメージが良いかもしれません。

バランスを崩さない程度でよいです。

捻転の大きさが1cm、2cm変わるだけで
飛距離はのびます。

 * * *

ドライバーの飛距離を伸ばす2つのポイントをご紹介しました。

・右足の角度をキープ
・肩を充分にまわす


ドライバーの飛距離が出ると
ゴルフが楽しくなりますよ。

参考になれば幸いです!