apr_tokei
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすれば80ヤード以内をベタピンにできるか?」

ゴルフは80ヤード以内のプレーが
スコアに大きく影響します。

80ヤード以内の距離を正確に打てるようになれば
スコアは素晴らしいものになります。

ということで今日は
「80ヤード以内をベタピンにする距離の基準の作り方」
をシェアします。


■80ヤード以内をベタピンにする距離の基準の作り方

(1)振り幅で距離を打ち分ける

腕を時計の針に見立てて、
3種類の振り幅でボールを打ちます。

その平均飛距離を記録しておきます。

たとえばSWは

・8時ー4時の振り幅は32ヤード
・9時ー3時の振り幅は50ヤード
・10時ー2時の振り幅は65ヤード

何球かボールを打ち
平均飛距離を求めます。

AW、PWでも同様に3種類の距離感を確認する。

すると3本のクラブで9種類の距離の基準ができる。

9種類の距離の基準があれば
ピンの近くに止められる可能性は高くなります。

ラウンド数が少ない人は
振り幅で決めた方が良いです。

感覚というのは狂いやすいですから。

クラブ毎に3種類の距離を一覧にしておくと良いです。

「3つの距離の基準」をクラブのシャフトに貼っておく
という方法もオススメです。


(2)「アプローチ(ピッチショット)距離一覧」を印刷

距離の一覧をまとめる表を作りました。

こちらを印刷してください。

【印刷用】アプローチ(ピッチショット)距離一覧


「いつも使うウェッジで3種類の振り幅でボールを打つ」
「平均飛距離を測定する」
「一覧にまとめる」

打つ度に距離がバラバラでも良いです。

それが今の実力なのですからOKです。

練習をすると距離のバラつきが小さくなります。

この一覧を定期的に見直しても良いです。

距離の基準を確認する過程が
アプローチの練習にもなりますよ。

 * * *


多くのゴルファーが80ヤード以内のショットで
スコアを損しています。

大切なのは「アプローチの距離の基準を持つ」です。

平均飛距離を求めれば
実際のラウンドでも大体同じ距離を打てます。

毎回同じ距離を打てるなら
ベタピンを狙えます。

多少、距離がぶれても平均飛距離を確認しておけば
グリーンを外す確率が大きく下がります。

「80ヤード以内は少なくともグリーンにのせられる」

「調子がよければベタピンにできる」


どうでしょうか?

これで大幅なスコアアップを狙えそうですよね?



■追伸

アプローチの距離感の基準を作るのは
スコアアップの近道です。

ちょっと面倒くさいかもしれませんが

ぜひ「資料を印刷して数値を記入」してみて下さい。

きっと良い結果につながりますよ。

応援しています!



■追伸2

小さな振り幅のショットを安定させるのは
意外と難しいです。

これがスコアアップの鍵なのですが、、、

小さな振り幅のショットを安定させる方法を
詳しく知りたいという場合は

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

ご要望が多ければ次回以後にご紹介します。