iron2
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすればコントロールショットが安定するのか?」

勉強熱心なあなたもご存知のとおり
コントロールショットはスコアアップの鍵です。

振り幅が小さくなるとダフリやすいなど

コントロールショットが
苦手な方が多いです。

コントロールショットが安定すると
大幅なスコアアップを期待できます。

ということで今日は
「コントロールショットを安定させる方法」
をシェアします。


■コントロールショットを安定させる方法

(1)やっぱりアドレスが大事

上手な人ほどアドレスを大切にします。

アドレスが良いとナイスショットの確率は
大きくアップします。

コントロールショットでの
アドレスのポイントをご紹介します。


・クラブを短く持つ

インパクトが安定しやすくなります。
グリップエンドを3センチは残しましょう。


・スタンス幅は狭く(30センチ程度)

スタンスを広くすると
体重移動をしてしまいます。

スタンス幅を狭くした方が
軸が安定しやすくなります。


・ボールはスタンス中央が基本


・左足体重(6:4)

左足に体重を多めにかけます。
軸が安定しやすくなります。


・少しオープンスタンス

バックスイングの大きさが制限され
振りすぎを防止できます。

フォローで振り抜きやすくなります。



(2)バックスイングで右に体重移動しない

コントロールショットでダフル場合
理由はとても単純です。

意識していないと思いますが、、

「バックスイングで右に体重移動」
をしている可能性が高いです。

アドレスでの左足体重をキープして
ボールを打ちましょう。

右膝の位置、腰の位置、頭の位置を
キープしましょう。

全てのショットに言えることですが、、、

「ダフったらバックスイングで
 右に移動していないかをチェックする」


これは習慣にしておいても良いです。


(3)ヘッドを加速させながら打つ

コントロールショットで一番いけないのは
インパクトで緩むこと。

加速させながらボールを打てば
多少ダフリ気味でも大きなミスになりにくいです。

小さなスイングでも
加速させながらボールを打ちましょう。


(4)8時ー4時の練習は沢山する

前回の記事で
「80ヤード以内は3つの振り幅を基準にする」
とお話しました。

で、、、

3つの振り幅の中でもっとも難易度が高く
もっとも大事なのが

8時ー4時の小さなスイングです。

「毎回、練習はこのスイングからはじめる」と
決めていても良いです。

それくらい重要なスイングです。

正しいインパクトの習得につながるので
他のショットの練習にもなります。

 * * *

コントロールショットを安定させる方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)やっぱりアドレスが大事
(2)バックスイングで右に体重移動しない
(3)ヘッドを加速させながら打つ
(4)8時ー4時の練習は沢山する



コントロールショットは
スコアアップの鍵です。

コントロールショットが上手くなると
フルスイングも安定します。

コントロールショットを沢山練習しましょう。

最初のステップとしてオススメはこれです。


「いつも使うウェッジで8時ー4時の練習を沢山する」

これだけでもお試しください。

大幅なスコアアップを期待できますよ。

応援しています!



■追伸

アプローチはスコアアップの要ですね。

では、、、

グリーンの直ぐ近くから
アプローチするときはどうすれば良いのか?

ショートアプローチでピンに寄せる方法を
知りたいという場合は

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

ご要望が多ければ次回以後にご紹介します。