dr_tenpura
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

『遠くへ飛ばそうとしなければ
 ボールは遠くに飛ぶ』

と言ったのはメジャー7勝をあげた
サム・スニード。

あなたも「軽く振った方が飛んだ!」という経験はありませんか?

優秀なメルマガ読者であるあなたもご存知のとおり、、、

腕の力で飛ばそうとしても飛距離は伸びないものです。

ではどうすれば飛距離は伸びるのか?

ということで今日は
『飛距離が出るドライバーの打ち方(早ぶりを防ぐ方法)』
をシェアします。


■飛距離が出るドライバーの打ち方(早ぶりを防ぐ方法)

(1)極限まで腕と手首を脱力

早ぶりで飛距離を落としている方は
腕と手に力が入っているケースが多いです。

こんなドリルがおすすめです。

「ぶら〜ん、ぶら〜ん」と
ボールの上で素振りをします。

ボールを後ろに飛ばさないように
注意してください。

ボールをティーアップせず
ゴムティーをパシン、パシンと打つのも良いです。

徐々に力を抜いていきます。

ボールを打たないので、
力を抜くことができます。

「これ以上無理!」というほど
腕と手首から力を抜いて素振りをします。

力を抜いた素振りでは早ぶりはできません。

自然とゆったりしたスイングになります。


(2)腕の力が抜けたらボールを打つ

腕の力が完全に抜けたら、
そのままボールを打ちます。

無駄な力が抜けた状態でボールを打てます。

「腕の力を抜くと飛距離が伸びる」
を体験して下さい。


(3)素振り4回でボールを1球打つ

ボールを打とうとすると
ついつい力が入りやすいです。

・素振り4回
・ボールを打つ1回

これを1セットで練習しましょう。


 * * *

飛距離が出るドライバーの打ち方(早ぶりを防ぐ方法)を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)極限まで腕と手首を脱力
(2)腕の力が抜けたらボールを打つ
(3)素振り4回でボールを1球打つ


スイングを直す時は極端な動きで直すと効果的です。

「早ぶりになっているな・・・」と感じたら
まずはコレを試して下さい。

「腕や手に力が入っていないかチェックする」

もしそうなら、、、


「腕と手から限界まで力を抜いた素振りをする」

「素振り4回、ボール1球打つ。これを繰り返す」

をお試し下さい。


無駄な力が抜けると飛距離がでやすいですよ。

応援しています!

あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。