driver7
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「ワイドスタンスの方が飛ぶ・・・はウソ」


多くのゴルファーがなんらかの
「飛距離をロスしている原因」を持っています。

飛距離をロスしている原因を取り除きましょう。

あなたの飛距離はまだまだ伸びます。

飛距離をロスする原因の1つが
「ワイドスタンス」です。

勉強熱心なあなただからこそ

「え?ワイドスタンスの方が飛ぶでしょ!」

と思うかもしれませんね。


ということで今日は
「ドライバーの打ち方(ワイドスタンスの危険性)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(ワイドスタンスの危険性)

「飛距離を伸ばそうとして、ワイドスタンスにして
 むしろ飛距離が落ちる」


というケースも多いです。

なぜ、ワイドスタンスにすると
飛距離は落ちるのでしょうか?

理由は「スイング軸がブレやすいから」です。

ワイドスタンスにすると
体重移動が大きくなります。

きちんとあたれば飛距離がでます。

ただ、、、これが難しいのです。

プロがワイドスタンスで飛距離を出せるのは
かなり高度な技術なんです。

ワイドスタンスになると
体が左右に動きやすくなります。

軸がブレやすくなります。

芯でとらえるのが難しくなります。

そのため「体重移動による飛距離アップ」より

「芯を外す飛距離ダウン」の方が大きくなるのです。


じゃあ、どうすれば良いのか?

スイング軸がブレずに「クルッ」と回転できるくらい
スタンス幅が良いです。

スイングをしてフィニッシュで
バランスを崩さず左足体重になり
ピタリと止まれればOKです。

スタンス幅を徐々に変えて
最適なスタンス幅を見つけましょう。

多くの場合「肩幅程度」が最適です。

 * * *

ドライバーの打ち方(ワイドスタンスの危険性)を
ご紹介しました。

飛ばそうとすると気づかないうちに
ワイドスタンスになりやすいです。


「もしかしてワイドスタンスになっているかも?」
と感じたら

まずはコレを試して下さい。


「フィニッシュで左足体重になるか?
ピタリと止まれるか?」
をチェックして下さい。

フィニッシュでバランスを崩しているなら、、、


「少しスタンス幅を小さくする」

「元の状態より、バランスの良いフィニッシュになるか確認」


をお試し下さい。

「フィニッシュが良い=スイングが良い」
と考えてほぼOKです。

参考になれば幸いです。

あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。