50y_mini
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば50ヤードのアプローチでベタピンになるのか?」

熱心なあなたもご存知のとおり
ショートゲームはスコアアップの鍵です。

50ヤード前後の中途半端な距離を
苦手としている方は多いです。

50ヤード前後を得意になると
大幅なスコアアップを期待できます。

ということで今日は
「50ヤードはベタピンを狙え!(インパクトで緩んでいませんか?)」
をシェアします。


■50ヤードはベタピンを狙え!(インパクトで緩んでいませんか?)

(1)短い距離が合わない原因は「インパクトのゆるみ」

短い距離の距離感が合わない原因は
いくつかあります。

その中の1つが「インパクトのゆるみ」です。

インパクトでゆるむと
距離があいません。

ダフリやトップなどのミスも増えやすいです。

インパクトでゆるんでしまう1番の原因は
「バックスイングが大きすぎる」です


(2)バックスイングが大きいとインパクトで減速

バックスイングが大きいと

「これは大きすぎる!」

と無意識にインパクトで減速します。

減速するので距離感がブレやすくなります。


(3)バックスイングの高さを「目で見て確認」

本人が思っている以上に
バックスイングは大きくなりがちです。

クラブの重さの勢いで自分が思っているより
大きなバックスイングになるのです。

スイングを撮影しなくても
簡単にチェックできます。

一度、トップでクラブを止めて
目で見て確認してみましょう。

思っている以上にトップが大きいものです。

 * * *

50ヤードはベタピンを狙え!
(インパクトで緩んでいませんか?)
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)短い距離が合わない原因は「インパクトのゆるみ」
(2)バックスイングが大きいとインパクトで減速してしまう
(3)バックスイングの高さを「目で見て確認」


気づかないうちにトップは大きくなりやすいです。

「アプローチショットでインパクトが緩んでいる」
と感じたら

まずはコレを試して下さい。


「トップが高すぎないか?」
を目で見てチェックして下さい。

トップが大きすぎるなら、、、


「自分が思ったよりもコンパクトなトップにする」

「トップで止めて目で確認する」

これを何度か繰り返し

「自分の感覚と、実際の動きのズレを小さくする」

をお試し下さい。

参考になれば幸いです!


あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。