driver7
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすれば飛距離はでるのか?」

想像して下さい。

あなたのドライバーの飛距離が
30ヤード伸びたところを・・・

セカンド地点の風景がガラッと変わります。

一緒にラウンドする友人たちも驚くでしょう。

ドライバーの飛距離を伸ばすには
いくつか方法がありますが

ドライバーの飛距離を伸ばすには
「スイングの始動」が大切。

ということで今日は
「ドライバーの飛ばし方(飛距離が出るテークバック)」
をシェアします。


■「ドライバーの飛ばし方(飛距離が出るテークバック)」

(1)腰を左右にスウェイさせない

飛ばそうとすると体を左右に動かしがちです。

左右に軸が動くことをスウェイといいます。

スウェイになると軸がぶれ
ヘッドが走らなくなります。

上手い人が原因不明の不調になっているとき
「わずかにスウェイ」をしているケースも多いです。

もしかすると、あなたもわずかにスウェイをしていて
飛距離をロスしているかもしれません。

スウェイを直すとショットが安定して
大幅な飛距離アップを期待できます。

「テークバックで地面と右足でできる角度を変えない」

「テークバックで右膝の位置を変えない」

dr_migi


というイメージもオススメです。



(2)最近のドライバーは体重移動をおさえた方が良い

最近の大型ヘッドは昔と比べて体重移動を必要としません。

体重移動をおさえて体の回転でスイングをした方が
飛距離を伸ばしやすいです。

体重移動をするとしても
自分から左右に体を振るのではなく

足踏みをする程度が良いです。

「テークバックで右足を軽く踏む」

「ダウンスイングで左足を軽く踏む」

asibumi

というイメージもオススメです。

テークバックで右にスウェーしないことで
パワーがたまります。


 * * *

ドライバーの飛ばし方(飛距離が出るテークバック)
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)腰を左右にスウェイさせない
(2)最近のドライバーは体重移動をおさえた方が良い


ちょっとしたコツで飛距離が伸びるケースは多いです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

応援しています!



■追伸

トップの高さは個人差があるので
無理に高くする必要はないですよ。

ほどよく張りのあるトップができれば、okです。