dahuri2
FROM:アオイ
札幌の自宅より


『ショートホールは、確実にパーオンしたいですよね?』

パーオンすれば、
バーディーやパーを取れる確率は高いです。

逆にショートホールでグリーンを外すと
スコアを崩しやすいです。

グリーンまわりに、
スコアを崩しやすいワナが多いからです。

ショートホールはティーアップして打てる代わりに、
グリーンまわりは難しくなっています。

谷、池、深いバンカー、OBなどが、
通常よりも厳しく配置されています。

そのため、

スコアを崩さないために
「ショートホールは確実にパーオンする」
必要があります。

ということで今日は
「ショートホールを確実にパーオンする方法」
をシェアします。


■ショートホールを確実にパーオンする方法


(1)「打ち上げ」「打ち下ろし」を把握

「打ち上げ」「打ち下ろし」の
度合いを確認しましょう。

高低差の大きさにより
クラブの番手が変わります。

長いクラブほど、
高低差の影響を受けます。

短いクラブほど、
高低差の影響は少なくなります。

クラブを選ぶ前に、
「打ち上げ」、「打ち下ろし」を確認しましょう。



(2)キャリーとランの距離が変わる

打ち上げはキャリーが減り
ランが増えます。

打ち下ろしはキャリーが増え
ランが減ります。

キャリーとランを把握していると、
攻めのゴルフをしやすくなります。



(3)風の影響に注意

ショートホールだけではないですが、
必ず風を確認しましょう。

打ち下ろしは風の影響が強くなります。
空中を飛んでいる時間が長くなるからです。

ティーグランドでは風を感じなくても
グリーン上空では風が吹いている場合もあります。



(4)ロフトを信じて打つ

打ち上げのホールは、
ボールを高く上げたくなります。

一番いけないのは
ボールを打つ前に体が起き上がる動きです。

ボールはクラブが上げてくれます。

クラブのロフト信じて
いつも通りに打ちましょう。



(5)目線をいつも通りに

打ち下ろしは目線が低くなりやすいです。

打ち上げは目線が高くなりやすいです。

目線の高さが変わるとスイングが変わります。

ティーグラウンドとグリーンに高低差があっても、
目線はいつもどおりにしましょう。



(6)グリーンセンターを狙う

ショートホールはピンを狙いたくなりますが
アイアンに絶対の自信がない場合は、

「常にグリーンセンターを狙う」という方法も良いです。
グリーンを外す確率が少なくなりますし、

グリーンセンターに乗せれば
ファーストパットもそれほど長くなりません。


 * * *

ショートホールを確実にパーオンする方法を
ご紹介しました。

(1)「打ち上げ」「打ち下ろし」を把握
(2)キャリーとランの距離が変わる
(3)風の影響に注意
(4)ロフトを信じて打つ
(5)目線をいつも通りに
(6)グリーンセンターを狙う


ショットの実力が同じでも
ちょっとした知識がスコアの差になります。

参考になれば幸いです!



■追伸

全米女子オープンで
笹生優花プロが優勝されましたね。

しかも!

笹生優花プロと畑岡奈紗プロの
日本人同士でプレーオフです。

笹生優花プロは大会最年少に並ぶ
19歳11カ月17日で「全米女子オープン」を制したわけです。

すばらしいですよね。

松山英樹プロ、渋野日向子プロなど

多くの日本人のプロが
世界で大活躍していますね。

ゴルフをする若い人もふえてきて
嬉しい限りです。