tree
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「1ホールの大叩きでスコアがボロボロ・・・」

あなたもこんな経験はないですか?
どうすれば大叩きを防げるのでしょうか?

メルマガ読者さんから
質問をいただきました。

=======================
ラウンド中多叩きが数ホールあり
100を切れないことが頻繁にある。
大叩きを減らす方法があればご教授ください。
=======================



「トラブルに陥ったときに大切なものは
技術よりも正確な判断である」

といったのは伝説のプロゴルファー、
ボビー・ジョーンズ。

「正確な判断」ができれば
スイングは今のままでの大叩きを防げます。

ということで今日は
「ゴルフで大叩きしない方法」
をシェアします。


■ゴルフで大叩きになる原因と対策

大叩きの原因の1つは
難しい状況から無理をしてしまうから。


(1)トラブル時の無理は禁物

想像してください、、、

あなたはいつものゴルフ場でラウンドをしています。

あなたのボールは林に入ってしまいました。

グリーンに近づけるには、
木と木の狭い間に打たなければならない。

木と木の狭い間を狙えば
グリーン手前の50ヤードにボールを運べます。

横に出すだけなら簡単。
グリーンまでの距離は150ヤード残ります。

あなたはどうしますか?

殆どの場合「横に出すだけ」が正解でしょう。

残り50ヤードも、残り150ヤードも
スコアを考えた場合に大きな差はありません。

グリーンに近づけようとして林からの脱出に失敗すると
スコアを大きく崩す可能性が高まります。

「状況とリスクを冷静に把握する」

「トラブル時は無理をしない」

これが大叩きを減らすコツです。

アニカ・ソレンスタムは
「10回のうち6回成功するならチャレンジする」
と言っています。



(2)安全策を選んでも油断しない

「トラブル時は無理をしない」

勉強熱心なあなたにとって
当たり前かもしれませんね。

「無理をせずに横に出そう」と
安全なルートを選んでも油断は禁物です。

林から横に出すときに注意点があります。

横に出すときは確実にフェアーウェイに
ボールを置きにいきます。

ボールを横にだす場合、弱すぎても強く打ちすぎても、
フェアーウェイにボールが残りません。

せっかく安全策を選択したのに、
次のショットをラフや傾斜面から
打つことにならないように注意しましょう。

ポイントは

・どこにボールを出すか明確に決めること
・打って良い距離の許容範囲を把握すること。

30ヤード以上打てば、
手前のラフを超えてフェアーウェイに届く。

60ヤード以上打つと、
逆側のラフに入る。

この30ヤードから、60ヤードの範囲で
林からボールを出しましょう。

安全策を選んだからといって
適当に打ってはいけません。

落とし場所を明確に決めましょう。


(3)次のショットが優しくなる場所を選ぶ

フェアーウェイに出すといっても
場所によって次のショットの難易度がかわります。

次のグリーンを狙うショットが
バンカー超えにならないようにする。

「どこにボールを打つのか明確に決める」

「次の打つショットが優しくなる場所を選ぶ」


これを意識するとスコアを崩さずにすみます。


 * * *

ゴルフで大叩きしない方法をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・トラブル時の無理は禁物
・安全策を選んでも油断しない
・次のショットが優しくなる場所を選ぶ

正確な判断ができれば
スイングは今のままでの大叩きを防げます。

少しくらいミスショットをしても
スコアを崩さずにすみます。

応援しています!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。




■追伸2

「メルマガ登録はお済みですか?」

ブログに書けないゴルフ上達のコツを
無料のメルマガでお届けしています。

無料メルマガ「ゴルフ上達講座」の登録はコチラ