situnai3
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば飛距離をのばせるのか?」

飛距離が出ない人は「手打ち」スイング
になっているケースが多いです。

「手打ち」とは体の回転でなく、
腕の力でボールを打とうとしている状態です。

「手打ちのスイング」は
飛距離もロスしスイングも安定しません。

「手打ち」を直すとショットが安定して
飛距離アップも期待できます。

手打ちを直す「自宅で出来るドリル」があります。

ということで今日は
「自宅でできる手打ちを直して飛距離を伸ばすドリル」
をシェアします。


■自宅でできる「手打ちを直して飛距離を伸ばすドリル」

手打ちを直す方法はいくつかあります。

その中から自宅で出来るドリルをご紹介します。


(1)2Lのペットボトルを用意

大きな筋肉を使うには重い物を使って
スイングをすると良いです。

2Lのペットボトルを使います。

ペットボトルがない場合は
何か重い物で代用できます。


(2)ペットボトルを軽く持つ

アドレスの形をつくります。

手が肩の真下に来るようにしましょう。

肩と腕の力を抜いてペットボトルを持ちます。

ペットボトルを落とさない程度の力で持てばokです。

腕の力を抜くと体の大きな力を使えます。


(3)振り子のように「左右にゆらす」

ペットボトルを左右に小さく揺らします。

手や腕の力を使いません。

脚の動きとペットボトルを同調させます。

「振り子」」のように揺らして
徐々に左右の振り幅を大きくします。

ペットボトルの高さが左右で同じ高さに
なるようにします。

このドリルをすると手の力を使わずに
脚の力を使うスイング体感できます。

 * * *

自宅でできる
「手打ちを直して飛距離を伸ばすドリル」
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・2Lのペットボトルを用意
・ペットボトルを軽く持つ
・振り子のように「左右にゆらす」


このドリルをすると脚の大きなエネルギーを
使うスイングを体感できます。

手打ちを直して大きな筋肉を使う
スイングになります。

再現性が高くて飛距離の出るショットが打てますよ。

飛距離を伸ばす方法は他にもいろいろあります。
その中から1つご紹介しました。

参考になれば幸いです!



■追伸

「年をとったら、いいスイングしか役に立たない。
打ちにいってはいけない。しっかり大きく振りぬくだけ」


と言ったのはメジャー7勝のサム・スニード。

腕力に頼らず身体全体を使うスイングは
軽く振っても飛距離がでるものです。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。