iron_ball
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「アイアンが左右にぶれて、パーオンできない」

「寄せワン狙いのゴルフはつまらない・・・」


と悩んだ経験はありませんか?

寄せワンでスコアをまとめるのも良いですが

やはりパーオンをして
バーディーを狙うゴルフは面白いです。

ではどうすればパーオンを増やせるのでしょうか?

ということで今日は
「パーオンできるアイアンの打ち方」
をシェアします。


■パーオンできるアイアンの打ち方

アイアンショットが左右にブレると
パーオンができなくなります。

グリーンの左右にあるバンカーにつかまり
スコアをくずしやすいです。

狙った方向に正確に打てると
バンカーにつかまる回数が減ります。

パーオンが増えてスコアが良くなります。

狙った方向に正確に打つには
重要なポイントが2つあります。

「アドレスの向き」と「フェースの向き」です。


(1)狙った方向にスクエアな「アドレス」をする

アドレスの向きが間違っていて
狙った方向に飛ばないと悩んでいる方は多いです。

目標の「右を向いているゴルファー」が多いです。

アドレスの向きが悪いので
ショットが良くてもパーオンしません。

もったいないです。

狙った方向に正しくアドレスする方法を
こちらの記事で詳しく紹介しています。

【保存版】アドレスで右を向かない3つの方法



(2)フェースが開いていないかチェック

意外かもしれませんが

多くの方が
「フェースが少し開いた状態」
でアドレスをしています。

フェースが少し開いた状態だと

・ボールが右に飛びやすい
・アイアンの飛距離が出にくい

という症状がでます。


もしあなたが
「グリーンを狙ったショットが
 グリーン手前の右バンカーによく入る」

と悩んでいるなら

「アドレスでフェースが開いている」
が原因かもしれません。


フェースが開くとボールが捕まりませんし
インパクト付近でフェースを閉じるという動きが必要になります。

(右手を過度に使う癖がつきやすい)


「フェースを少し閉じてアドレス」
を試してみて下さい。

最初は左に飛ぶかもしれません。
(右手を強く使う癖が残っているからです)

何球か打つうちにショットが安定して飛距離が伸びますよ。

これは1つの例ですが
ちょっとした事で飛距離や方向性は変わります。

特にフェース面の向きは重要なのですが軽視されがちです。

アイアンショットが狙った方向に飛ばない
飛距離が出ないという場合は

「アドレスの時点でフェースが開いていないか?」
をチェックして下さい。

 * * *


パーオンできるアイアンの打ち方を
ご紹介しました。

・狙った方向にスクエアな「アドレス」
・フェースが開いていないかチェック


「アドレス」と「フェース面の向き」は
直しやすいですし

ダメならすぐに直せば良いです。


アイアンを狙った方向に正確に打てると
パーオンが増えてバーディーを狙えます。

参考になれば幸いです。




■追伸

パーオンを増やすために
「アイアンを狙った方向に打つ方法」
をご紹介しました。

熱心なあなたもご存知のとおり
パーオンするにはドライバーも大切です。

やはりセカンドショットで短いクラブを使える方が
有利なのは間違いないです。

夏は「ラフに入れない」が大事ですが
秋、春はラフが弱いので「飛距離を出せる」と有利です。


ドライバーの飛距離アップはこちらで紹介しています。

ドライバーの飛距離アップの記事


参考になれば幸いです。




■追伸2

今日の質問は裏で実践している
「極!飛距離アップ講座」
という企画の参加者さんからの質問でした。

※今は募集を終了しています。

多くの方に役立つポイントだと思ったので
ブログでご紹介しました。